lineでの問い合わせ

脊柱管狭窄症専門施術 - 仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院

HOME > 脊柱管狭窄症専門施術

腰部脊柱管狭窄症と診断され2ヶ月で症状から脱出することが出来た症例/仙台市で脊柱管狭窄症専門治療なら元楽天イーグルストレーナーのマッスケア仙台

2018年04月25日 [記事URL]

 

腰部脊柱管狭窄症と診断され

臀部の痺れと足の脱力感があり

15分以上歩けなかった70代女性が

2ヶ月で症状が良くなった症例

 

仙台市 女性 70代女性

【患者様の訴え】

 

一年前に仙台市の整形外科に行き

MRIを取った際、腰部脊柱管狭窄症と診断され

臀部周辺から足先にかけての痺れ、足の脱力感があり、

15分以上歩くと腰が痛くて歩く事が出来なくなりました。

整形外科に行っても痛み止めの注射と薬のみを処方され

症状が良くなることはありませんでした。

 

何とかこの症状から脱出したいと思い、

マッスルケア仙台に通っている友人に紹介してもらい通い始めました。

【問診時の訴え】

 

・腰回りが重だるい

・15分以上歩いた際、

 臀部周辺にかけて重だるくなる。

・足の脱力感がある

・臀部から足先にかけての痺れ

【マッスルケア仙台ではどの様な施術を行ったか】

 

脊柱管狭窄症とは、

脊柱管(背骨の中の空洞)が狭くなり、神経が強く圧迫され

足や腰の痺れが強く感じてしまう病態の事を言います。

脊柱管を狭くさせてしまうには、必ず根本的な原因があり

8~9割が筋肉の異常によるものだと考えます。


今回の症状で来られた患者様は、

以前介護のお仕事をされており

常に腰を屈ませた姿勢が多いことや立ったり座ったりする為、

全身の筋肉を使った姿勢が多く、

筋肉に疲労が蓄積されガチガチに硬くなっている状態でした。

その為、本来ある人間のS字状のカーブが無くなって、

背骨にかかる負荷や衝撃がうまく吸収・分散できなくなり

骨と骨をつなぐ丈夫な繊維組織や

 

骨と骨の間のクッションの役割をしている

椎間板への負担が大きくなり

脊柱管狭窄症の悪化となる要因となっていました。

先ずは丸くなった背中周りのガチガチに硬くなっている筋肉を緩めていき、

狭窄症と診断されている部分へのストレスを減らしていきました。

臀部から足先にかけての痺れの原因となっていたのは、

臀部の奥にある梨状筋という筋肉が硬くなっており

結果、梨状筋の下を通っている神経を圧迫させ

痺れが出ていました。

またマッスルケア仙台では、

ラジオ波という温熱療法を使って深い位置にある

筋肉を緩めていき施術を行っていきました。

状態が悪くならない内に一週間に一回のペースで施術を入れていき、

その間は自宅でセルフケアを頑張って貰いました。

 

 

そうする事により筋肉の疲労の蓄積を未然に防ぐ事が出来

良い状態をキープする事が出来ます。

合計5回の治療で腰から臀部にかけての重だるさが無くなりました。

更に痺れの原因となる臀部の筋肉を緩め、

足全体の弱くなっている筋肉を強くしていく為に

トレーニングも少しずつ行っていきました。

そうする事により足全体で状態を踏ん張る事が出来る様になり、

丸くなっている姿勢も支える事が出来ます。

合計で10回の施術を取り入れていき、

2ヶ月で腰部から臀部の重だるさが取れ、

臀部から足先にかけての痺れも無くなり

15分以上歩く事が出来る様になりました。

【治療家のコメント】


~私が治療を担当しました~

佐藤さんプログ用.JPG

脊柱管狭窄症と診断されていても

なぜその様な状態になったのか、

根本的な原因を探ることが重要であり

 

今回の症状で来られた患者様は、

普段の日常生活の姿勢から筋疲労が起こり

痺れの原因となる筋肉を硬くさせ、

症状が悪化していたものと考えられます。

またご自身でボールを使ってセルフケアを行う事で

悪化を防ぐ事が出来、施術後の良い状態をキープする事が出来ました。


マッスルケア仙台では原因となる筋肉を探し、

根本改善を行う事で脊柱管狭窄症と診断されていても

症状を改善させることが出来ます!!

 

★マッスルケア仙台治療院では

脊柱管狭窄症専門治療を行っています。

仙台市内外から脊柱管狭窄症にお悩みの患者さんが多く通う整体院が

仙台駅東口から徒歩7分の所にあるマッスルケア仙台治療院です。

他の治療院で良くならないと諦めかけているそこのあなたは

マッスルケア仙台で脊柱管狭窄症専門治療を受けて下さい!

我々が提供する脊柱管狭窄症専門治療は、

これまで多くの患者さんを救ってきたので、

きっとあなたのお役に立てると思います

是非一度マッスルケア仙台でこれまで味わった事のない治療を受けてください!


 

★初めての治療でどんなことをされるのか不安なのだが...

初回限定割引をご用意しております!

もしもあなたが今の苦痛が続くのがもう耐えられない・・・

そう思われているのなら一度マッスルケア仙台の施術をお試しする価値がある筈です。

 

広告.png

 

 

 

 

あなたが早急に問題解決を望むなら

今すぐ行動して欲しいと願います。

ご予約・お問い合わせは今すぐご連絡ください!

予約者多数の為ご予約は御急ぎください!

人数に限りがありますので

予約の際に『初回割引希望!!』と必ずお伝えください。

予約の際にお伝え頂いた方限定サービスとなります。

初診の際は体の詳細情報を体組成計にて

精密なデーターを取りますので

検査料金で別途540円を頂いております。

宮城県仙台市宮城野区榴岡

4−5−5KTビル 3F

営業時間

13時から21時(最終受付)

木曜定休 

完全予約制

当日予約も可能な限り受け付けます!

☎022−794−8677

店舗への詳細な行き方はこちら!

JR仙台駅から徒歩5

ヨドバシカメラすぐ近く!

↓お店への行き方はこちらをクリック↓

http://www.musclecaresendai.com/map.php



脊柱管狭窄症と診断されたがふくらはぎの痺れが改善された症例|仙台市で痺れ専門治療なら元楽天イーグルストレーナーのマッスケア仙台

2017年12月05日 [記事URL]

脊柱管狭窄症と診断されたが

ふくらはぎの痺れが改善された症例

 

≪症例報告≫

60代 男性 仙台市在住

仕事は自営で焼き鳥屋をしています。

仕事中はほぼ立ちっぱなしでいるので、閉店間際の遅い時間になると

ふくらはぎが痺れてきます。

食材の買い出しでスーパーを歩いていてもたまにふくらはぎが痺れてきます。

腰痛は元々あって常に重だるい感じはありましたがふくらはぎが痺れてきたのはここ最近です。

整形外科では脊柱管狭窄症と言われて痛み止めの薬を貰いましたが、

薬を飲み続ける事は嫌なので違う方法で良くしてくれる治療院はないか探していたら

マッスルケア仙台治療院が見つかりました。


 

≪問診時の症状≫

・立ちっぱなしだとふくらはぎが痺れてくる

・歩いているとふくらはぎが痺れてくる

・腰の重だるい感じ

 


≪施術後の経過≫

初診時は硬くなったお尻の筋肉を緩める治療を行いました。

その日にご自身で行って貰うセルフケアを覚えて帰って頂きました。

1週間後に来院された時には、立ちっぱなしや、歩いている際の

ふくらはぎの痺れは殆ど出なくなりました。

腰の重だるさは少しあるので、次は10日後に3回目の治療を入れました。

3回目の治療の後は腰の重だるさも消え、以前の様に仕事中に腰が痛くなることも

なくなりました。

 


≪治療家のコメント≫

私が治療を担当しました!

CIMG0928.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

この患者さんのふくらはぎの痺れ脊柱管狭窄症と診断を受けてはいますが、

狭窄による影響は少なく、むしろ筋肉の問題の方が大きかったです。

お尻の筋肉の深部硬いシコリが出来ており。

トリガーポイントとなっていました。

トリガーポイントとは筋肉が過度に緊張したり、

使い過ぎで筋肉に傷がついた部分に出来るシコリのようなものです。

その部分を押すとズーンと響く様な感じがして、

別の離れた場所に痛みや痺れを出す特徴があります。

 

この患者さんの場合、長年の立ち仕事で常にお尻の筋肉は緊張している状態にありましたので、

お尻にトリガーポイントが無数に存在していました。

マッスルケア仙台ではふくらはぎの痺れの原因がどこにあるかを見つけ出し、

脊柱管狭窄症と診断されていても、筋肉の治療を行う事で症状を取り除かせることができます。

もしあなたも脊柱管狭窄症と診断されていて、ふくらはぎに痺れが出ているのなら

一度マッスルケア仙台にご相談ください!

 


★マッスルケア仙台治療院では

脊柱管狭窄症による

ふくらはぎの痺れ専門治療を行っています。

 

仙台市内外から脊柱管狭窄症と診断されふくらはぎの痺れに

悩む患者さんが多く通う整体院が

仙台駅東口から徒歩7分の所にあるマッスルケア仙台治療院です。

 

他の治療院で良くならないと諦めかけているそこのあなたは

マッスルケア仙台で脊柱管狭窄症によるふくらはぎの痺れ専門治療を受けて下さい!

 

我々が提供する脊柱管狭窄症によるふくらはぎの痺れ専門治療は、

これまで多くの患者さんを救ってきたので、

きっとあなたのお役に立てると思います。

 

是非一度マッスルケア仙台でこれまで味わった事のない治療を受けてください!


 

★初めての治療でどんなことをされるのか不安なのだが...

 

初回限定割引をご用意しております!

もしもあなたが今の苦痛が続くのがもう耐えられない・・・

そう思われているのなら一度マッスルケア仙台の施術をお試しする価値がある筈です。

広告.png

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが早急に問題解決を望むなら

今すぐ行動して欲しいと願います。

ご予約・お問い合わせは今すぐご連絡ください!

予約者多数の為ご予約は御急ぎください!

 

人数に限りがありますので

予約の際に『初回割引希望!!』と必ずお伝えください。

 

予約の際にお伝え頂いた方限定サービスとなります。

 

初診の際は体の詳細情報を体組成計にて

精密なデーターを取りますので

検査料金で別途540円を頂いております。

 

 

宮城県仙台市宮城野区榴岡

4−5−5KTビル 3F

営業時間

13時から21時(最終受付)

木曜定休 

完全予約制

当日予約も可能な限り受け付けます!

☎022−794−8677

 

店舗への詳細な行き方はこちら!

JR仙台駅から徒歩5分

ヨドバシカメラすぐ近く!

↓お店への行き方はこちらをクリック↓

http://www.musclecaresendai.com/map.php



腰部脊柱管狭窄症コントロールする為に必要な事 仙台市の整体なら仙台駅東口徒歩5分 元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台治療院

2015年04月01日 [記事URL]

腰部脊柱管狭窄症を改善・コントロールするには

 

腰部脊柱管狭窄症とは

しばらく歩くと脚がしびれて動けなくなったが、しゃがんで一休みすると、再び歩けるようになった・・・・・。こんな経験のある人は腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれに続く馬尾神経が通っています。この脊柱管が狭くなり、痛みやしびれといった症状が出現するのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれ等の症状が出現します。

 先天的な原因の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまった為に起こります。高齢の腰痛の3~4割を占めるとも言われており、50才を超えて年齢が高くなるほど多くなります。主に腰椎の4番目と5番目の間で多発し、次いで3番目と4番目の間で狭窄することが多いと言われております。腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状は、「間欠性跛行」です。「間欠性跛行」とは歩き出してしばらくすると、足に痛みやしびれが出て、歩きづらくなります。前かがみで休んだり、しゃがみこんで休憩したりすると楽になり、再びまた歩けるようになります。病変部の程度が重度なほど、歩ける時間や、歩く距離が短くなります。「間欠性跛行」が起こる原因は、姿勢が関与しています。前かがみ(座り込んだ姿勢)になることで脊柱管が広くなり症状は軽減・消失します。腰を反らせた姿勢では、椎間板の繊維輪と黄色靭帯が脊柱管内へたわみ出し、下肢症状である足の痺れや脱力感・足の痛みが出現します。

腰部脊柱管狭窄症の原因は?

狭窄の原因としては、椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性によるものが挙げられます。そのため、負担のかかる腰部に多く見られます。症状が進行すると排尿や排便に支障を来したり、足の指先に力が入らなくなったりすることもあります。

腰部脊柱管狭窄症の症状は?

腰部脊柱管狭窄症の症状は神経が圧迫される部位により異なります。まず全体の70%を占めているのが「神経根型」です。主に脊髄神経から枝分かれした神経の部分で圧迫を受けているタイプで、下肢痛が主訴となります。その他にも「馬尾型」と言い脊髄神経そのものが圧迫を受けているタイプがあります。約14%の罹患者がこの馬尾型で、下肢の痛みはなく、両下肢のしびれ、だるさ、ふらつきや頻尿、残尿感、便秘などの膀胱傷害を生じます。また、神経根型と馬尾型の両方が混在したタイプが「混合型」です。全体の16%を占めております。「神経根型」、「馬尾型」ではそれぞれ下肢に出現する症状が違います。神経根型は、下肢症状が片側性に現れるのが特徴です。馬尾型は下肢症状が両側性に現れるのが特徴です。腰部脊柱管狭窄症を改善させるためには、この腰痛やしびれといった症状を取り巻く環境を整備することが重要となります。

手術以外の解決策はこれしか無い! 

腰部脊柱管狭窄症を手術以外で改善させるには腰から股関節周囲・ハムストリングスなどの大腿部周囲に発生している筋肉の硬結部であるトリガーポイントと言われる筋の拾う箇所を除去する必要があります。

 筋肉に硬結が出現することにより、硬くなった部位の可動域が制限されてしまい、腰部に対して負荷が強くなります。トリガーポイント・筋肉の硬結の程度により大幅に症状が変化するため出来る限りトリガーポイントのしこりは除去する必要があります。

マッスルケア仙台での腰部脊柱管狭窄症の解決処置

マッスルケア仙台では筋肉の硬結がある部位に対して筋肉の硬結除去に対する専用の治療器(ラジオスティム)を使用し、周囲の筋肉を弛緩させていきます。筋肉の硬結を取り除くと筋肉は伸びやすくなるため、ストレッチの効果が非常に高まり、関節の可動域も改善されて痛みを出にくくすることができます。

またマッスルケア仙台では専用の医療機器・トリガーポイント除去のマッサージ・ストレッチなど腰部脊柱管狭窄症に対する複数の処置を用意し腰部脊柱管狭窄症に対する最善の処置を行っております。

ご自身で行うセルフケアの指導も行っておりますので、腰部脊柱管狭窄症でお困りの方は宮城県・仙台市・仙台駅東口にあるマッスルケア仙台治療院へご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症の足の痺れや脱力感・暫く歩くといたくなる腰の痛みと足の痛みでお困りなら

仙台市の腰部脊柱管狭窄症に対する専門処置のマッスルケアまでご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・富谷・利府・岩沼・仙台・仙台駅で腰部脊柱管狭窄症・暫く歩くと痛みの出る腰痛・脊柱管狭窄症での足の痛みでお困りの方は腰部脊柱管狭窄症の専門整体の元楽天イーグルストレーナーのマッスルケア仙台整体

仙台市で腰部脊柱管狭窄症・腰痛改善策をお探しなら 仙台市のマッスルケア仙台整体 022-794-8677  

 



脊柱管狭窄症なら元楽天イーグルストレーナーの整体治療院マッスルケア仙台

2015年01月11日 [記事URL]

病院で脊柱管狭窄症と診断された方へ

元楽天イーグルストレーナーのマッスルケア

脊柱管窄症の症状

●しばらく歩くと痛みとしびれがお尻や腰太ももの後や横に出てしまう・・・休むと治まるがまた歩くと痛くなる。

●脊柱管狭窄より下の部分のしびれや痛み

●脱力感やしびれ感

●症状が進むと排尿障害なども

脊柱管狭窄症は手術以外ではなおらない?

脊柱管狭窄症は文字どおり脊柱管と言われる管が体の深部の脊椎と言われる・背骨・頚椎、胸椎、腰椎、仙椎など)の中にある脊髄を通す穴のことを指します。

脊柱管狭窄の狭窄している部位をきれいに狭窄していない状態に作り変えることは手術を選択する以外方法はないと言えるでしょう。具体的には狭窄してしまった部分を手術により削る・広げる処置が行われます。

しかし、多くの場合は手術適応のレベルではないことも多く、即手術と言う事にはあまりなりません。

手術をするレベルと言えば、ほとんど歩けない・立ち上がれない・しびれがひどくて身動き取れないなどのレベルの方が多いようです。

手術を行わない場合の処置としては内服薬を処方されたり湿布を処方・コルセットを使用したりと言った処置が一般的な治療の内容なのですが・・・・・・

実際この様な処置で狭窄してしまった脊柱管に治療のアプローチをしていることにはなりません。様子を見ているだけの処置と言えるでしょう。

病院での保存療法の疑問

通常保存療法は以下のようなものを行うことが一般的です。

湿布⇒脊柱管の狭窄部に届きません。脊柱管も広がりません。

飲み薬⇒脊柱管の狭窄が広がることはあり得ません。

安静⇒脊柱管を広げる処置にならず腰から臀部の筋肉が固まってしまい徐々に症状増加が起こりやすい

コルセット⇒脊柱管の狭窄を広げる処置にはなりません

これらの処置には疑問が残り、脊柱管狭窄症と診断しているにもかかわらず必要な治療を全く行っていないところが不思議でなりません。これでは何か月安静に使用が通院使用が症状の改善はみられるはずもありません。

脊柱管狭窄症の手術以外の解決法

脊柱管狭窄症と診断されそのまま上記のような治療ともいえない処置で経過を見ていると徐々に悪化していきます。

脊柱管狭窄症の症状改善は腰の深部の筋肉の塊や股関節深部の塊を除去することで大幅な症状改善が出来ると言う事です。脊柱管狭窄症と腰痛を併発している患者さんが実に多く腰痛治療をしてあげることで脊柱管狭窄症の症状をコントロールすることが可能です。湿布や薬を飲む・コルセットで安静にしているだけの経過観察よりも遥かに積極的で効果的な治療と言えるでしょう。私がかかわってきたスポーツ選手にも脊柱管狭窄症と診断されながらも治療を行いながら状をコントロールしながら現役生活を行っていた選手もいました。その選手は手術をすることなく現役生活を送ることが出来ました。

脊柱管狭窄症と診断されてもあきらる必要はありません。筋肉に対するきちんとした治療の処置を行う事で改善が可能です。脊柱管狭窄症の治療なら専門治療を行っている仙台市のマッスルケア仙台までご相談ください。最適な改善プランをご提案し辛い脊柱管狭窄症からの改善策をご提案致します。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で脊柱管狭窄症の専門治療をお探しの方・病院で改善しない脊柱管狭窄症にお悩みの方・薬やシップで脊柱管狭窄症が改善しない方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院治療院・腰痛治療専門のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677




  


お申込はこちら


WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約


電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PageTop

初めての方へ
WEB予約受付中

WEB予約

line予約
スポーツ障害 整体スクール
メニュー
会社概要

仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」


【住所】
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階


【電話番号】
022-794-8677


【営業時間】
10:00~22:00
(最終受付21:00)


【電話受付】
10:00~21:00


【定休日】
木曜日


【最寄駅】
地下鉄東西線
宮城野通り駅 徒歩1分

JR仙台駅東口 徒歩5分


【駐車場】
近隣コインパーキングをご利用ください


【出張施術】
トレーナー業務出張・各種派遣業務あり


【出張費】
出張費に関しては業務内容により異なるためご相談


カテゴリー
新着記事


仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」
  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677