lineでの問い合わせ

子供のケガ・防ぎ方 - 仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院

HOME > 子供のケガ・防ぎ方

仙台市のマッスルケア仙台整体では運動後の体のケアの方法を指導しています!

2015年02月11日 [記事URL]

仙台市のマッスルケア仙台整体では運動後の体のケアの方法を指導しています!

日頃のセルフケアの方法・ご自分での体のメンテナンス方法を知りたい方は仙台市のマッスルケア仙台までご相談下さい!

ストレッチなどの体の手入れは十分できていますか?

運動部の学生さん達は、練習量が非常に多くて遅い時間まで練習をしているため、クールダウンの時間が取れなかったり、出来ても学校の完全下校時間があるので5~10分程度と短い時間しか取れなかったりすることが多いのではないでしょうか? 

 練習でいくらスキルを上げようとしても疲労を除去してあげないと、筋肉が硬くなり関節の可動域が制限されるので運動パフォーマンスが上がらず、スキルの向上は期待できません。

ケガばかり繰り返すには原因があります!

それどころか、疲労などが原因で関節可動域の制限がある部位とは異なる部位にまで負担がかかり、状態が悪い場合大きな外傷を引き起こす可能性があり、さらに練習を数週間休まないといけない状態になることもあります。そのような状態にならないために、普段から自宅でケアを行う時間を設けなければいけません。硬くなってしまった筋肉はストレッチしてもあまり伸びてくれないため、ケアの方法がわからずにひとまずストレッチをしておくだけでは疲労はなかなか取れません。

 よく筋肉はゴムに例えられるのですが、硬くなってしまったゴムを無理に伸ばしても伸びません。さらに強力な力で伸ばすとゴムは許容範囲を超えてしまい切れてしまいます。筋肉ではこの状態に陥ると筋肉の断裂、いわゆる「肉離れ」となります。適度な温度で柔らかいゴムだと伸びてくれるため、筋肉もまずはストレッチをして伸ばすのではなく、緩めることが一番大切です。 マッスルケア仙台ではストレッチポールを使った体を緩める体操や野球のボールなどの器具を使い体の筋肉を緩める専用メニューを指導しております。

セルフケアでケガ予防を!

 セルフケアは毎日の歯磨きと同じです。歯を磨かなければ虫歯や歯周病などの口腔内の病気にかかるリスクが高くなります。筋肉も同じで、普段からケアをしていないと軽度から重度のものまで様々な外傷を起こすリスクが高くなるので、毎日のケアは非常に重要となります。

何より歯を磨かないと口腔内に不快感を覚えます。身体も同じようにセルフケアを習慣化することが理想的です。まずは、セルフケアで筋肉を柔らかい状態にさせてストレッチを随時行っていくと各部位の関節の可動域が広がり、競技力の向上へとつながります。身体のケアの方法がわからない方は宮城県・仙台市・仙台駅東口にあるマッスルケア仙台治療院へご相談ください。

仙台市でスポーツによる怪我・スポーツ障害に悩まされている方・肩こり・腰痛でお困りの方、体の疲労が抜けず辛い方はセルフケア指導を行っているマッスルケア仙台整体までご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・富谷・利府・岩沼・仙台・仙台駅でセルフケアの方法やストレッチの指導・体のメンテナンス方法の指導・スポーツ障害でお悩みの方は仙台市のスポーツ障害専門整体の元楽天イーグルストレーナーのマッスルケア仙台整体

仙台でスポーツ障害専門整体をお探しなら マッスルケア仙台整体 022-794-8677  

 



子供の野球肘・野球肩は防げる!元楽天イーグルストレーナー マッスルケア仙台

2014年12月26日 [記事URL]

少年野球の野球肘・野球肩は防げる!

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

少年野球の野球肘・野球肩は防げる!

私はこの2年間で数多くの野球少年の指導者の方や怪我をしてしまった子供たちと接する機会を頂きました。

少年野球の野球肘・野球肩の発生は防げるものだと私は考えております。

少年野球の小中学生の土曜・日曜のみしか野球をやることがない子供たちが肩肘を故障してしまうのは異常事態以外の何物でもありません。(特にピッチャ-以外のポジションでの肩肘の故障は通常考えられない)

それでは野球肩・野球肘の発生を起こしてしまう原因をいくつか簡単に記載します。

○硬すぎる関節 肩・股関節 ⇒手投げ・腕力でねじ伏せる投球!

○ひどすぎる投球フォーム ⇒土日のスロイングで痛みは簡単に発生!

○投球数のコントロール不足 ⇒特にピッチャーは良い選手がいると一人に頼りがち。何人か計画的に育てる努力が必要。

               一人に頼り過ぎるとその選手もいつかはパンクし故障してしまう。

この様な感じでしょうか。

野球の指導者の方々はサッカーの指導者と比較してライセンスなどもなく昔から経験で教えている方が多く、私たちから見ると到底理解に苦しむ指導をしてしまっていることが多く存在します。野球を子供たちに教える情熱をお持ちの方たちは是非とも専門的な勉強をしていただけることを望みます。

少年野球の野球肘・野球肩・野球での肩痛・野球での肘痛でお困りであればマッスルケア仙台までご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で野球肘・野球肩・体の痛み不調でお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677



肩痛・肘痛なら元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口・マッスルケア仙台整体治療院

2014年12月13日 [記事URL]

肩肘痛はノースローだけではダメ!

元楽天イーグルス・トレーナーの整体・治療院 仙台駅徒歩5分 

マッスルケア仙台 宮城県・仙台市・仙台駅東口で痛みにお困りの方は是非ご相談ください。

 

IMG_2604.PNGのサムネイル画像

野球・ソフトボールの肩肘の痛みはノースローでは改善されません。 宮城県・仙台市・仙台駅東口で整体院・治療院をお探しであれば元プロ野球トレーナーの整体院マッスルケア仙台

野球・ソフトボールをされている方はよくお読みください。野球肩・野球肘の解決策を書いていきます。
これは実際にプロ野球の現場で行われている処置をわかりやすく噛み砕いて書いたものになります。

野球・ソフトボールで肩や肘を痛める原因の一つに肩周辺の関節可動域の低さがあることご存知でしょうか。

肩周辺・肩甲骨周辺の関節や筋肉の硬さは野球・ソフトボールだけではなくバドミントン・テニス・バレーボールをされている方の肩肘の痛みにも大きく影響を及ぼします。

関節可動域が低い状態ではスローイングやスマッシュの際に肩関節を0ポジションにもっていくことが出来なくなります。

ゼロポジションとは肩甲骨と上腕骨が1直線状に並ぶ一の事でありボールを投げる時に肩に一番ストレスがかからない場所とされています。
ゼロポジションに入らない状態でのスローイングは肩の痛みや関節の軟骨損傷と言われるSLAP損傷・関節唇損傷と言われる症状を引き起こすことがあり、今後の競技人生に大きな影響を及ぼします。ソフトバンクのエースとして素晴らしい成績を残していた斉藤和巳選手も関節唇損傷で引退されていましたし、日本ハムの斎藤佑樹選手も関節唇損傷で長期離脱・その後も思うように成績が上がってきません。

プロの選手でもない限り毎日練習があることはほとんどないのですが、1週間に2回程度の練習で肩や肘が痛くなってしまう選手は

関節可動域の低下が間違いなくあり、体が硬くて可動域が出ないために悪い投球動作を繰り返し、その後肩や肘に痛みを発生させてしまっている場合が多くあります。 この場合ノースローだけでは全く治療の効果がありません。休んで炎症が治まるくらいでしょう。

身体が硬い選手に対してどのような素晴らしい指導者が指導しようとほとんど無力です。体が硬ければ動きを教えても、その動き自体を再現することは不可能です。

ですからまず初めにやるべきことは身体がきちんと動くように改善することを最優先に行うことと断言致します。

痛みが出たからノースローにしてある程度休んだからそろそろいけるかな・・・・

で練習を再開しても患部の炎症は収まっていますが、関節可動域は低いまま投げるフォームも悪いままで何も変わっていないためしばらく投球を再開し繰り返すことにより

簡単に肩肘の痛みは再発しまたまたノースローに・・・となってしまいます。

学生時代やプロの世界では休んだらほかの選手にポジションを奪われすぐに休んでしまう選手は居場所を失いますね。
あの選手はまた痛いのか・・・・使いにくいな・・・・他の選手を使おう・・となるのは自然な流れですね。
ノースローだけでは全く解決策になりません。ノースロー+体を柔らかくする治療の処置が絶対欠かせません。

肩肘の痛みの早期改善を望むのであれば必ずやらなければならない処置があります。

本気で野球やソフトボール・バドミントン・テニスに取り組んでいる方で肩肘に痛みや違和感を抱えている方は是非一度マッスルケアまでご相談ください。 プロ野球選手の肩肘をケアしてきた専門の治療をご提供し怪我・故障からの早期復帰をサポートいたします。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で肩肘の痛み・野球肩・野球肘・肩痛・肘痛・体の痛み不調でお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677



子供の股関節痛なら元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口 マッスルケア仙台整体治療院

2014年12月11日 [記事URL]

大腿骨頭すべり症 子供の股関節の痛いについて 

宮城県・仙台市・仙台駅東口整体治療院 マッスルケア仙台治療院

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像

すべり症と聞くと、腰の病気というイメージが強い方が多いのではないでしょうか。実際、すべり症は腰に痛みを訴えるケースが多いですが、中には脊椎(背骨)以外の箇所に発生するケースもあります。
それが「大腿骨頭すべり症」と呼ばれる、股関節に発生するすべり症です。大腿骨頭すべり症の多くは、まだ成長期が終わっていない子供に多く発症します。

人間の骨や筋肉は、子供の内はまだ十分に育ちきっておらず、それほど強い衝撃や負荷を吸収することができません。そのため激しすぎる運動を行うと、大腿骨頭(股関節のてっぺんの部分)の成長軟骨層の一部の骨端線という軟骨が本来あるべき箇所からずれてしまうことがあります。それが大腿骨頭すべり症で、発症すると股関節に痛みが出て、思うように歩けなくなってしまいます。

大腿骨頭すべり症は外部からの激しい衝撃によって発症する急性型と、生まれつき骨端線が弱かったり、肥満気味のために徐々に骨端線が削れていく慢性型とがあり、それぞれ治療法が異なります。
急性型の場合は、牽引療法を行い、ずれた骨を元に戻してギプスなどで固定をします。また、慢性型の場合は手術による治療が必要になります。術後はどちらも安静とリハビリを繰り返すことで、少しずつ元の状態に戻していきます。

そして、リハビリで最も重要となるのは股関節周りの筋力強化です。筋力がまだ発達していない子供とっては大変なことかもしれませんが、これを怠るとなかなか回復へ向かいません。また、大人になって股関節が外れやすい体質になってしまうこともあります。

マッスルケア仙台では、手技療法だけでなく、セルフケアの方法から、身体のメンテナンスの方法を指導させていただき、スポーツへの早期復帰、再発予防を実現します。

お子さんの股関節の痛みや、歩行障害でお困りであれば宮城県・仙台市・仙台駅東口の元プロ野球トレーナーの整体院マッスルケア仙台までご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で子供の股関節痛・股関節の痛み・体の痛み不調でお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677



子供の膝痛・足首痛なら元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口 マッスルケア仙台整体治療院

2014年12月09日 [記事URL]

子供の膝の痛み・足首の故障や痛みの原因について

 宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天トレーナの整体治療院・マッスルケア仙台整体治療院

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

ここ最近多く来院される子供さんの膝の痛み・足首の痛みについて記載いたします。

ここ数日気温が急激に低下し寒い日が続いていますね。体調管理はいかがでしょうか?

 足首や・ひざの痛みを訴える子供さんの共通していることは股関節の動きが非常に悪く、足の指の機能が低下している子供さんの割合が非常に多いと感じます。

チエックの項目は足の指でじゃんけんができるかどうか?足の指だけで前に進んでいくことができるか?女の子すわりができるかどうか?(股関節内旋動作)などがありますが、膝や足首の痛みを訴え来られる場合は殆どの場合がすべてのチエック項目をクリアできません。

股関節の動きが悪い子供さんは、股関節の周辺筋肉が固まり、ランニングや歩行時、階段の上り下り時に衝撃を吸収することができず衝撃吸収を股関節の深部の軟骨や膝の軟骨・足関節の靭帯や関節で衝撃を吸収しやすくなります。本来は股関節をうまく柔軟に使うことにより吸収できる衝撃も股関節の硬さが強すぎることにより吸収ができない状態になってしまいます。それにより股関節の深部に痛みがでたり、膝の外側・内側の軟骨や関節・靭帯に痛みが出たり足首に痛みが出たりと言う事が発生してきます。

また足の指が全く動かない子供さんも多くかかと重心であったり足首の外側に重心がかかることにより股関節や膝関節・足関節に通常かからない負担がかかることも発生してきます。

足の指が動かない子供さんの多くはスポーツ活動や日常生活でバタバタした走り方をしたり歩き方をすることが多く運動時の衝撃が関節部分にかかりやすくなり膝の痛みの原因や足首の痛みの原因になっていきます。一度にかかる衝撃が少なくても、毎日少しずつから大ダメージが蓄積していくことにより特に思い当たる原因がなく膝の痛みや足首の痛みが出てくることになり、本人も特に変わったことはしていないのに・・・と原因がわからないことが多くあります。

プロのトレーナーから見れば痛くなっても当然な状態とみるのですが、知識がなければ予防することや治療することも難しくなります
目先の痛みだけではなく今後も痛くならないように根本改善をお望みの方は是非マッスルケア仙台までご相談ください。

予防策・治療策を皆様にご提案し根本改善のお手伝いをさせて頂きます。

膝の痛み・足首の故障や痛みの原因について 宮城県・仙台市・仙台駅東口 整体院マッスルケア仙台までご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で子供の膝痛・子供の足首の痛み・膝痛・足首痛・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677



柔軟性改善なら元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口 マッスルケア仙台整体治療院

2014年11月07日 [記事URL]

体の硬さは競技力アップには致命的

宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

私は楽天イーグルスを退団後少年野球チームの選手や高校生・大学生など数多くの学生の運動部に所属する選手たちを見てきましたが

大阪の高槻市にある私の運営している整骨院に来る選手たちには共通点がありました。

怪我や故障を連続で起こす選手達はほとんどの選手が関節が硬く筋肉の柔軟性も低く各競技 野球・サッカー・バドミントン・ゴルフ

など各競技に必要な可動域を確保できず体のあちこちに負担をかけながら練習とゲームを行い日程やスケジュールなどがハードになってくると毎回パンクを起こします。

トップアスリートであっても疲労がたまれば体の筋肉や関節が硬くはなりますが、もともと硬さが強く柔軟性に乏しい選手にはその時期が早く訪れます。 体の硬い選手は練習を強めにやるとすぐに故障をしてしまい、一流の選手にまで成長することはできません。

また故障ばかりする選手を使う側の監督やコーチは使いにくいでしょう。元気でいつも安定している選手を使いたくなるのは当たり前のことと言えます。ヤンキースがイチロー選手をなかなか手放さなかったのも故障をするリスクの少ない選手なのではないかとも新聞記事にも出ていましたね。

ただし努力次第で体の柔軟性は向上させることが十分可能です。怪我を防ぎ体を柔らかくするやり方を知らないがために故障を連発しているのでは非常にもったいないとしか言いようがありません。

また体の硬い選手はどれだけ素晴らしい指導者からの技術指導も体が硬すぎてその動きができないから教え貰っても体が硬く指導者が理想とする動作を行うことができません。 センスがないから能力がないからではなく体が硬いから技術向上の妨げになっている場合が多く見られます。もったいないとしか言えませんね。

しかしもともと体の柔らかい選手も存在しています。その選手は指導者の指導により技術を吸収し怪我や故障で離脱せずに地道に練習時間を積み重ねます。一方体の硬く怪我を連発している選手は練習時間をトータルすると休んでばかりで練習時間を着実に積み重ねることができないから上達しないということになります。もちろん体が柔らかければみんながトップ選手になれるか?と言えばそんなことはあり得ません。 体が柔らかく身体能力や競技に対するセンスがあってのことでしょう。
要するに体を柔らかくしておくと言う事は最低限スポーツをするのであれば必要と言う事ですね。

生まれつき体が硬いからと言ってあきらめる必要はありません。対処法はいくらでも存在します。

マッスルケア仙台では体の柔軟性を獲得させる治療と・セルフケアを徹底指導し各種スポーツ障害の改善・スポーツに必要な可動域を獲得できるようにサポートしております。 

チームに怪我ばかりする選手やお子さんがおられる方・ご自分の子供さんの体の硬さやスポーツ障害を改善させたいと感じている方は
一度マッスルケア仙台にご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で柔軟性の改善・体の硬さ解決・スポーツ障害・スポーツ外傷・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677



お風呂に浸かるのが良い理由 なら元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口 マッスルケア仙台整体治療院 

2014年11月05日 [記事URL]

シャワーだけではなくお風呂に入ったほうがよい理由は?

 宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

宮城県や仙台市・東北地方に住まれている方はこれから寒い時期になります。お風呂には浸かるようにされていますか?

テレビでも雑誌でもお風呂に入ったほうが疲れが取れると報道されたり、お風呂に浸かると疲れが取れやすいと本に載っていたりと
皆さんもお風呂に使ったほうが疲れが取れると言う事は既にご存知かと思います。

私も本拠地が宮城県・仙台市を本拠地とするプロスポーツの現場では選手に入浴を勧めたり、サウナに入ったり水風呂に入ったりと色々勧めていましたが目的は以下のことを目的にしています。

これから記載することは大人も子供もスポーツ選手もそうでない人も人間すべての方に当てはますことです。

○体温を上げて抵抗力を高める。風邪のウイルスや最近の侵入に抵抗できるようにしておくため。体温が低いとウイルスや細菌が侵入しやすい。
○筋肉を温めることにより硬くなった筋組織に新しい血液を循環を促すために入浴を行う。
○筋肉を温めることにより縦・横の筋組織の弾力性を増加させ運動中に無理な負荷がかかった時にも肉離れなどを発生させないように柔軟性を出しておく。冷えて硬くなった筋肉は肉離れの発生リスクが高いといわれています。

風邪を年に何回も引く人や冷え性の人はウイルスや細菌の侵入に抵抗できないといわれています。極端な話をすればガンになる方も体温が低く体が冷えている人や体温の低い人のほうが体温の高い人よりもガンになりやすいと最近はテレビなどでも報道されています。

要するに体が冷えていて体に良いことは一つもないと言う事です。特に東北の仙台や寒い地方の方々は注意が必要ですね。
 
筋肉系の故障や怪我を多く発生させる人の中には体温が低く体がいつも冷えている状態である場合が多くスポーツ選手であろうが日常生活をするにしても人間だれしも体を温めて体温を上げておくことが必要だといえます。

これから東北地方・仙台市は寒く厳しい季節になりますのでとにかく体を冷やさず、温めることをお勧めします。
体を大事にするための基本中の基本ですので皆さんも体を温めることをお勧めいたします。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅でスポーツ障害・スポーツ外傷・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677

 



プロ野球の肩肘痛の復帰プログラム 元楽天イーグルストレーナー 仙台駅東口 マッスルケア仙台整体治療院

2014年11月05日 [記事URL]

ノースローで野球肩・肘は治るのか?

 宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

野球で肩を痛めるとよく言われるのがノースローにしましょう!そして湿布を貼って様子を見る事が多いようですが、ノースローにして湿布を貼っても改善するのは炎症反応のみです。

しばらく休めば患部の炎症が治まり練習を再開してみても痛みはなく練習ができるようになりますが
野球で肩肘を痛めてしまった原因を改善させなければ投球数が増加してきた時や、練習・ゲームでの負担が増加してきた場合簡単に再発してしまいます。そしてまたそれを繰り返す。1年のうち半分以上休んでいる子供たちが多く居るのも現実です。

プロ野球の現場でもノースローにする事はもちろんありますがノースロー期間中にやるべき治療を徹底的に行い
次に投球・スローイングを開始した時に再発しないように体を作り直していきます。

要するにノースローや安静だけでは原因は改善されずまた再発しやすいという事ですね。

大きく分けて以下の3つを重点的に行います。

○肩関節周辺の可動域改善
 首・肩甲骨・上腕骨周囲の可動域改善 肩周辺や肩甲骨周囲、脇の下などの筋肉の緊張を徹底的に除去しスローイング時にいわゆるトップの位置にしっかりと入るように可動域を改善させるストレッチとマッサージ・物理療法(高周波治療機器ラジオステイムや超音波や高圧電流処置、肩関節のトレーニングなど

○股関節の柔軟性可動域増加を行う治療処置
 肩と股関節は非常に重要で股関節の硬さが野球肩・野球肘に直結すると言われており必ず改善させなければ再発リスクはかなり高い物があります。

○足関節の可動域チエックと改善処置 
足は体を支える土台です。下から崩れてくるといくら上半身を修正したり治療をしてもバランスを取る事ができず
治療の効果も上がりません。まずは下から改善する事が重要です。

○フォームの修正
体の柔軟性が出てきたらフォームを修正します。それまで体が硬すぎる状態では正しいフォームなど獲得出来るはずもありません。また主力として活躍し疲労が蓄積してきた状態の選手はどれだけ一流選手と言われる人たちでもフォームが崩れ
関節の硬さを発生させる事があるため怪我をした場合はリハビリ期間中にフォームの修正を行いただし動作をできるように改善を行います。

ここに記載した事は怪我をした時やリハビリやノースロー期間だけではなく1年を通して野球の選手たちは気を使いながら行っています。治療になるという事は予防にもなるという事ですね。

ノースロー期間中の方が体の張りや疲労が抜けやすい事は間違いありませんが、シーズン中でゲームに出る選手特に1軍メンバーは上手く練習量を調整したり故障して離脱しないように監督やコーチが投げる量を制限したり調整したりしていますね。

話がそれましたが野球肩・野球肘を発症した場合これだけやる事があります。ノースローとシップでは治療・改善になりません。
何度も再発を繰り返している方、痛めない為のノウハウを知りたい方などご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で野球肩・野球肘・肘痛・肩痛・ノースローでも取れない肩の痛み・スポーツ障害・スポーツ外傷・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677

 



子供を怪我から守る秘訣 元楽天イーグルストレーナーの整体院 仙台駅東口徒歩5分 マッスルケア仙台整体治療院

2014年11月05日 [記事URL]

子供を怪我やスポーツ障害・スポーツ外傷から守る秘訣 

 宮城県・仙台市・仙台駅東口 元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

私は10年以上数多くのトップアスリートの方と接する機会を頂きました。
スピードスケート・フィギアスケート・競輪選手・自転車競技・ゴルフ・野球・サッカー・柔道
中には誰もが知っているアーテイストのコンサートツアーにトレーナーとして帯同したりなど。

一流選手で息の長い選手はどの選手も意識が非常に高いと接していて感じます。

長期間にわたり活躍出来る選手は体に対する意識が高く、自分の体を大切にしセルフケアを上手く取り入れ、しっかりとした自己抑制を行う事ができるため、食事の管理や睡眠時間を考えて取るなど日頃から自分自身の体に非常に気を使います。
お酒を飲んだりする事もありますが、量をきちんと考えたり翌日に影響しないかなどをきちんと考え行動しています。

野球の選手で言えばピッチャーの選手たちはシーズン中はお酒を飲まない選手も多く、引退してからお酒を飲むようになったという人たちもいますね。

体の手入れ・メンテナンスはどのような物があるかというと
○ストレッチ (可動域チエック)
○入浴 (手洗いうがいなど)
○セルフマッサージ
○食事管理 サプリメント管理
○部屋の湿度・温度管理など(海外や国内でも場所を点々とする為気候の変化に注意が必要)
○定期的なトレーナーからの治療

大まかにはこのような事をしっかりと行っている選手たちは故障や怪我をするリスクを大幅に軽減させる事ができます。
怪我や故障をゼロにする事が最高ですが、不慮のアクシデントなどはどうしても発生します。但し未然に防ぐ事ができる怪我や故障も多く存在します。腰痛にならない為の手入れ。肉離れにならないようにする為の手入れ。肉離れになってしまったあとの手入れ。故障部位や古傷の場所は再発のリスクが高いため特に念入りな手入れや管理が必要になります。

毎年同じ箇所を故障したりしていては離脱期間が長くなり選手本人やチームにも迷惑がかかります。
とはいえ競争が激しいプロの世界では怪我をした選手の代わりに次から次へと代わりの選手が出てきます。
怪我や故障で一番困るのは間違いなく本人でしょう。

遠征先の宿舎の部屋には意識の高い選手たちの部屋には
ストレッチポールや体をほぐす自前の機器・入浴剤・加湿器・空気清浄機など
いろいろな体に気を使うグッヅがおいてあります。
中には自分用の布団やマットレスを持ち運んでいる選手もいるほどです。

私はこのような一流選手たちを見る機会を頂いた経験を子供たちに伝えていきたいと考えています。
現在の小学生から高校生の子供たちは体の柔軟性が非常に低く、20年前の子供たちに比べスポーツによる怪我や故障を発生させやすい体をしていると感じます。20年私たちの世代の子供たちはもっと柔軟性がありそれほど怪我をしている選手など居ませんでした。体が硬すぎて各種スポーツに必要な可動範囲が出ないままスポーツに出かけ、使って使いっぱなし状態で体にダメージを蓄積させていっている現状です。練習やゲームがハードになってくれば間違いなくパンクしてしまいます。
一流と言われる選手は元々体の柔軟性が高い選手が多いのですが、その選手たちは大きな怪我を経験する事なく子供のうちから順調に練習を重ね、体が柔らかいが為に正しいフォームで正しい練習を積み重ね、高校・大学・社会人・プロと
順調にレベルをあげていきます。しかし体が硬く故障ばかりしていては練習を積み重ねる事すらできず、怪我が原因でやめていく選手も大勢居ます。

元々体が硬い子供たちでもやり方によっては十分体を柔らかくして怪我や故障を防ぐ事が可能です。
せっかくのスポーツをできる期間を例えば高校野球は2年3ヶ月から4ヶ月しか出来ません。その間3ヶ月程度怪我で離脱していては非常にもったいないですよね。

マッスルケア仙台では小学生・中学生の段階からスポーツに必要な知識を高めて頂き怪我や故障を防ぎスポーツのレベルを順調にアップさせて頂けるよう徹底サポート致します。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で子供の体のお悩み・スポーツ障害・スポーツ外傷・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677




  


お申込はこちら


WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約


電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PageTop

初めての方へ
WEB予約受付中

WEB予約

line予約
スポーツ障害 整体スクール
メニュー
会社概要

仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」


【住所】
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階


【電話番号】
022-794-8677


【営業時間】
10:00~22:00
(最終受付21:00)


【電話受付】
10:00~21:00


【定休日】
木曜日


【最寄駅】
地下鉄東西線
宮城野通り駅 徒歩1分

JR仙台駅東口 徒歩5分


【駐車場】
近隣コインパーキングをご利用ください


【出張施術】
トレーナー業務出張・各種派遣業務あり


【出張費】
出張費に関しては業務内容により異なるためご相談


カテゴリー
新着記事


仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」
  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677