lineでの問い合わせ

仙台 スポーツ整体 - 仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院

HOME > 仙台 スポーツ整体

仙台 ゴルフ 背中の痛み

2015年08月28日 [記事URL]

最近、
・ゴルフの練習中に背中に痛みを感じる
・最後のプレーで激痛が走る
・アドレスの姿勢で背中に違和感が
・肩からわき腹にかけてのラインが痛い
・体をひねると背中が痛い
・クラブを新調してから背中の痛みがはじまった

等に、心当たりはありませんか。

【ゴルフ 背中の痛みについて】

1日でも早く上手にプレーしたいと焦るあまり、練習に没頭する方もいますが、ゴルフ 背中の痛みで悩まされることもあるので注意が必要です。
一般的な筋肉痛は、2,3日で症状は回復します。

しかし、痛みがなかなか回復しない、1週間以上も痛みが続いている、日々痛みが増している、ゴルフを再開したら、痛みだした、という場合は、筋肉痛ではなく、筋肉の炎症や肉離れの可能性が考えられます。

特にゴルフ 背中の痛みは、多くの方が経験する症状であるため、「じきによくなるだろう」と安易に判断し、プレーを続けることが多いようです。
自己判断でケアを怠ってしまっては、ゴルフ 背中の痛みを悪化、もしくは回復に時間がかかってしまうこともあります。

万が一痛みや違和感、炎症が酷い場合は、一時的にでもゴルフを中断する必要があるので、速やかに医師、整体師にみてもらうようにしましょう。

【ゴルフ 背中の痛みの原因について】

ゴルフ 背中の痛みを感じる場合は、スイングの姿勢が悪い事が考えられます。
本来ゴルフのスイングは、左右対称の振り子のような動きが基本です。

しかし、余計に肩をひねる、力任せに打つ、足元がぐらつく、などのスイングでは、全体のバランスが崩れて、背中に必要以上の負荷をかけてしまいます。
また僧帽筋上部を使用するアドレスの姿勢は、猫背や骨盤のズレ、体の歪みがあると、上手に体をひねることができず、ゴルフ 背中の痛みが悪化します。

これらの原因を回避するためには、スイングの姿勢を見直す、体を崩さない、猫背にならないようにするのがポイントです。
また、もともと猫背や悪い姿勢、骨盤や体全体のゆがみがある方は、正しいフォームをとるのが難しく、良いスコアをとることも出来ません。

ゴルフ 背中の痛みを予防、改善し、高スコアを獲得するためにも原因となる体の歪みや猫背、悪い姿勢を改善することもおススメです。
短時間で、かつ確実に改善するためには、整体、接骨、カイロや鍼灸がおススメです。

個々の症状にあわせて、マッサージや矯正等を実施し、正しいバランスを整えることが出来ます。
ただし、すでにゴルフ 背中の痛みがある方、骨の歪み、体のズレ、猫背の姿勢が著しく悪い場合には、施術に時間がかかることも予想されます。

1日でも早く、ゴルフ 背中の痛みの原因や高スコアが取れない原因を取り除きたい場合は、早急に施術を受けることをおススメします。

【ゴルフ 背中の痛みを改善するセルフストレッチ】

軽度のゴルフ 背中の痛みを予防、改善するセルフストレッチを紹介します。
プレーの前後に取り入れるようにしましょう。

まず、右手を右肩から背中に回します。
次に左手を左わき腹から背中に回し、右手と握手しましょう。

たすきかけのように腕を背中でクロスさせ、20秒キープします。
ただし、背中の筋肉が硬く、骨盤の歪みや体の歪み、猫背の症状がある場合は、両手を握手させ上手くクロスできないので、無理にする必要はありません。

このストレッチは、プレー前後だけでなく、1日1回取り入れることで、ゴルフ 背中の痛みを予防、改善できます。

仙台 ゴルフ 背中の痛みなら、「マッスルケア仙台」にお任せください。



仙台 ゴルフ 腰痛

2015年08月26日 [記事URL]

運動不足解消、仕事の接待、友達との交流など色々な目的でゴルフをはじめたのに、腰が痛くでプレーができない・・・。
そんな悩みを抱えていませんか。

多くのお父様、OLさんを悩ませているゴルフ 腰痛は、ゴルフを楽しむ方に多く見られる症状です。
ゴルフのプレーにおいて必要不可欠なスイング。

それが、ゴルフ 腰痛の主な原因です。
プロアマとはず、多くの方を悩ますゴルフ 腰痛の原因やプレーの悪い癖、予防法などを紹介します。

【ゴルフ 腰痛の原因とは】

通常の腰痛のおよそ8割は、原因がはっきりとしません。
しかし、ゴルフ 腰痛を発症する方のほとんどに、共通するものがあります。

それは、筋肉疲労です。
ゴルフは、他の運動と違い、スイングで片方にねじった体を、逆の方向に勢いよくねじります。

その際、体重も右から左、左から右へと負荷を移動させて何度も何度も同じ動作を繰り返します。
右利きの方は、左へ、左利きの方は、右へ、とにかく同じ筋肉ばかりを使って、プレーをするのがゴルフの特徴です。

その際、背中の真ん中を縦にはしる大きな筋肉とお尻の筋肉が緊張し、凝り固まります。
すると左右の筋肉のバランスが大きく崩れ、筋肉疲労が発生し、腰痛を悪化させます。

プレー後、筋肉疲労をしっかりと改善できれば、ゴルフ 腰痛予防になりますが、ほとんどの方が、簡単なストレッチで正しいケアをしないのが、ゴルフ 腰痛悪化の原因です。
ゴルフ 腰痛を予防し、年齢に限らず、いつまでもゴルフを楽しみたいのであればプレー後のケアを絶対に欠かさないようにしましょう。

整体や接骨、カイロや鍼灸では、筋肉疲労を改善するマッサージや鍼灸治療を実施しています。
その日に感じた疲労を翌日に持ち越さないためにも、プロの手による正しいケアを受けるようにしましょう。

プロの施術が受けられない方は、プレー後のストレッチ、入浴もおススメです。
筋肉を十分に伸ばし、プレーによる筋肉の乱れを整えるようにしましょう。

また疲労回復には、湯船にしっかりと体をつけて、全身を温めるのも最適です。
血行、リンパの流れが改善され、筋肉の疲労が短時間で回復できます。

さらに、プレー前の準備によってもゴルフ 腰痛を予防できます。

【ゴルフ 腰痛を予防するプレー前の準備】

ゴルフ 腰痛を予防するには、事前の準備運動もとても重要です。
ゴルフ場についたら、すぐにクラブを手にスイングするのではなく、筋肉、腱、骨などを十分に動かすストレッチを行いましょう。

まず、足を肩幅に開き、左右に腰をゆっくりとひねってください。
右に20秒、左に20秒ひねたら、今度は、腰に手をあてて、上体をくるくると回してください。

右に10回、左に10回ゆっくりと回しましょう。
次に両手を上に引き上げ、体全体の筋肉を伸ばします。

つま先から頭頂部の筋肉を引き上げたら、今度は、両手をつま先につけるイメージで、腰をギューと曲げます。
額を膝につけるようにゆっくりとお尻、腰、背中の筋肉を伸ばしてください。

20秒キープしたら、最後に首を左右前後の5回ずつ回し準備完了です。
ゴルフ 腰痛にならないためにもプレー前後の準備、ケアを絶対に忘れないようにしましょう。

仙台 ゴルフ 腰痛なら、「マッスルケア仙台」にお任せください。



仙台 こむら返りの治療

2015年08月24日 [記事URL]

寝ているときに突然の足の痛みで目を覚ました経験ありませんか?
筋肉が引き裂かれるようなあの痛みは、言葉には出来ません。

特に、加齢とともに就寝中に襲い掛かる足の痛みで悩んでいる方も多いことでしょう。
それは、もしかするとこむら返りかもしれません。

こむら返りは、激しい急性の痛みが特徴で、その痛みが原因で、十分な睡眠を確保するのも難しいといわれています。
通常、こむら返りとは、運動時に発生するものですが、寝ている間に発生すると、何かしら大きな病気を抱えているのでは、と不安になるものです。

そこで、今回はこむら返りについて色々と紹介します。

【こむら返りとは】

こむら返りは、足がつる、などと表現されますが、「腓復筋痙攣(ひふくきんけいれん)」というのが正式名称です。
ふくらはぎのひふく筋や、神経が何かしらの原因で、異常に緊張している状態で、筋肉の収縮が弛緩せず、固まったままになります。

そのため、激しい痛みが長時間続くのが特徴的です。
普段あまり使用しないふくらはぎの筋肉「ひふく筋」を急激に高ぶらせることが原因です。

ひふく筋の急激な高ぶりは、長時間運動を続けたことによる体の疲労、体力の低下、慢性的な運動不足が原因になり、立ち仕事に従事している人、ハードな運動を行っている人、高齢者、突然運動を始めた人、などはこむら返りになりやすい傾向にあります。

上記の原因以外にも腰椎の変形が原因で、脊髄神経の圧迫による神経の異常な興奮が、こむら返りの原因になることもあります。

【筋肉の異常な高ぶり、収縮が起こる理由って?】

こむら返りの原因となる筋肉の異常な高ぶりや弛緩しないのは、2つの理由があります。
一つは、神経や筋肉が過敏になる状況です。

例えば、激しい運動を長時間続けると大量の汗をかきます。
すると血液中に流れるナトリウムやカリウムのバランスが大きく崩れ、神経や筋肉が過敏になり、ちょっとした刺激で興奮しやすくなります。

二つ目は、筋肉や腱への伝達障害が起きている状況です。
例えば、長時間の立ち仕事では、血液の流れ、リンパの流れが滞り、本来の機能が低下します。

さらに、加齢にともない、さまざまな機能の低下が発生し、筋肉の異常収縮、興奮が確認されます。
その他、ダイエット、運動不足解消を目的に、突然ハードな運動を始めると、伝達機能が正常に働かず、こむら返りの原因となる筋肉の以上な興奮を引き起こします。

中でも、体の温度が低くなってしまう就寝中は、伝達機能が著しく低下するため、異常興奮を引き起こしやすい状態にあると考えられます。

【こむら返りの治療について】

大きな病気とは、ほとんど無縁となるため、特別な治療法がないのが現状です。
しかし、こむら返りは睡眠を妨げたり、不安から思うように体が動かせないなどの問題を抱えます。

そこで、筋弛緩薬や抗不安薬、漢方薬などで治療を行うこともありますが、薬を使用したくない、という場合は整体治療がおススメです。
整体では、筋肉の疲労、骨の歪みや血行不良などあらゆる症状を改善することで、乱れた伝達機能を正常に整える施術を行います。

また、自宅でもできる簡単なケア方法などをアドバイスするなどアフターフォローも万全です。
なかなか改善しないこむら返りで悩んでいる方は、一度お近くの整体等で相談してみるといいでしょう。

仙台 こむら返りの治療なら、「マッスルケア仙台」にお任せください。



仙台 オスグッド病

2015年08月22日 [記事URL]

オスグッド病とは、小学生から高学年までの発症率が高い膝の関節の痛みを言います。
膝周辺の骨の部分が膨らんだり、ジャンプや歩行時、屈伸の際に痛みを感じてる場合は、オスグッド病を疑うといいでしょう。

【オスグッド病とは】

オスグッド病は成長期のお子様などに見られるオーがーユースによるスポーツ障害に一種です。
名前に特徴はありますが、珍しい症状ではありません。

成長期にあるお子様は、骨などさまざまな部分が急激かつ活発に発達し、成長を遂げます。
しかし、筋肉や腱などの、柔らかい部分の成長がおきつかず、オスグッド病などの症状を引き起こすのです。

特に走る、飛ぶ、屈伸などの動きが多い、サッカー、バスケット、バレーボールに陸上選手にオスグッド病が確認されます。
成長期に伴うスポーツ障害なので、骨の十分な成長と共に自然と治る疾患ではあります。

しかし、その際の対処法によっては、大人になってからも骨の痛みが続く場合もありますので注意をしましょう。

【オスグッド病の症状について】

オスグッド病の発症年齢に関しては、男女、運動などによって違いはありますが、男子の場合、小学校高学年から高校になるまでが多く、女子の場合は、中学入学から卒業までの間に9割以上の子が発症します。

ただし、成長期にあるお子様が必ずしもオスグッド病になるとは限りません。
オスグッド病になりやすい人は、骨盤の歪みや姿勢の悪さ、柔軟性の欠如、筋肉が硬い、緊張を招きやすいなどの特徴があると言われています。

身体が十分に運動できる状態でないにも関わらず、無理をすることでオスグッド病を引き起こしやすいのです。
症状についても個人差があります。

スポーツ全般において、痛みや違和感が発症しますが、中でも飛び跳ねたり、屈伸、短距離やキック、などの動きで強い痛みを感じるのが特徴的です。
局所の熱感や腫れ、骨の隆起、疼痛などが報告されています。

痛みや違和感を感じると、十分に身体を動かすことが出来ないため、スポーツ能力の低下、結果の悪化、などが発生します。
お子様の場合、痛みを我慢してスポーツを続ける傾向にありますので、上記の症状を少しでも確認できたら、速やかに運動を休止し、正しい処置を受けさせるようにしましょう。

【オスグッド病の治療について】

オスグッド病の治療は、スポーツ系障害を専門としている整体、接骨院、カイロや鍼灸が断然おススメです。
なぜなら、オスグッド病になりやすいお子様の場合、骨盤がゆがんでいることが多いからです。

骨盤がゆがんでいると、下半身に余計な負担をかけることによって、成長過程にあるお子様の身体に大きなダメージを与えてしまいます。
スポーツ系の障害を専門とする整体院では、まずお子様の骨盤の歪みを矯正し、痛みや違和感を取り除く治療を実施します。

お子様の骨盤の歪みを確認する方法としては、仰向けに寝たときに足の長さや開きが違う、うつぶせに寝たときの足首の角度に違い、正座が上手にできない、左右の肩の高さが違うなどでチェックできます。

症状が悪化する前に、骨盤の歪みを改善し、オスグッド病を予防しましょう。

仙台 オスグッド病なら、「マッスルケア仙台」にお任せください。



仙台 アキレス腱炎

2015年08月20日 [記事URL]

【アキレス腱炎とはどんな病気?】

アキレス腱炎は、アキレス腱の使いすぎによる「オーバーユース症候群」の一種です。
人間の身体は、使わなければ機能の低下を引き起こしますが、使いすぎると機能障害が発生します。

オーバーユース症候群は後者で、「使いすぎ症候群」と呼ばれることもあります。
アキレス腱炎も使いすぎが原因となる症状で、繰り返し使い続けることで、アキレス腱に細かい断裂、傷が生じ、腱の変性などが起こることを言います。

またアキレス腱の周囲を覆う薄い膜パラテノンがオーバーユースが原因で炎症を起こすため、アキレス腱炎と同時に、周囲炎症も発生します。
繰り返し使用することで発生するアキレス腱炎ですが、加齢による腱の変性が原因となっていることが多いのも事実です。

例えば、30代、40代からの運動不足を解消しようと、いきなりウォーキングやジョギングを始めた場合に発生することがあり、不適切な運動、トレーニングが原因とされています。

【アキレス腱炎の症状について】

通常、オーバーユース症候群は、痛みを感じるため、発見が容易に出来ます。
しかし、日ごろから運動をしている方の場合、多少の痛みなら我慢することが多く、知らず知らずに症状の悪化を招く危険性が多いのも事実です。

症状の現れ方としては、かかとからアキレス腱に向かって3センチから5センチほどの部分に腫れが確認されます。
その部分を抑えると痛みを感じるのが特徴です。

また運動時、朝起きたとき、歩き始めに痛みが強く、身体を動かすことで徐々に改善することもあります。
症状が進行すると、安静にしているときにも痛みを強く感じたり、関節の動きが悪い、きしむような音を感じるなどがあります。

以上のように自覚症状がはっきりとあるアキレス腱炎ですが、実は、レントゲン検査で診断がはっきりとしないケースが多いのも現状です。
その他、正しい治療を受けず症状を放置したり、無理に身体を動かすことで、さらなる悪化を引き起こす可能性が高くなります。

【アキレス腱炎の治療法について】

アキレス腱炎の治療については、ほとんどが、保存治療となります。
痛みを強く感じている場合は、運動を控え、安静にする事が重要。

場合によっては、湿布、鎮痛薬などの服用も行います。
ただし、それでは、根本からの解決とはならず、運動を始めると再び痛みだすことが一般的です。

万が一、アキレス腱炎がなかなか治らない、病院の治療経過が思わしくない、一度治ったのに、再び痛み出した、という場合は、整体、接骨院等をご利用ください。
スポーツ障害系の整体、接骨を専門としている場合、アキレス腱炎を引き起こしている根本的な原因を探り、改善へと導きます。

多くの場合、骨盤、腰、坐骨神経などの部分の機能が低下し、足裏の筋肉を牽引するなど痛みや違和感を長引かせていることが多いといわれています。
スポーツ系障害の治療を専門としている整体、接骨院であれば、アキレス腱炎を引き起こしているさまざまな部分にアプローチできるので、全体の改善が期待できます。

さらに入念なカウンセリングを実施し、お客様個々の症状にあわせて施術を実施しますので、オーダーメイドの施術を受けることができるでしょう。
アフターフォロー体制も万全なので、納得して治療を受けることが可能です。

【アキレス腱炎にならないためには】

運動不足を解消したい、ダイエットしたい、など明日からマラソンやジョギング、ウォーキングをはじめようとしている方は、アキレス腱炎にならないために、以下のことに注意してください。

・運動前の準備運動をしっかりと行う
・運動後のストレッチ、マッサージを行う
・体調、体力に合わせて運動をこなす
・よく身体を休める
・定期的に身体のメンテナンスを整体、カイロ、鍼灸等で行う
・運動スタイルの見直しを行う

仙台 アキレス腱炎なら、「マッスルケア仙台」にお任せください。



仙台 アキレス腱 痛み

2015年08月18日 [記事URL]

瞬発的な動きを生み出す一方、急激な負荷によってストレスを感じやすい足首は、アキレス腱 痛みなどが発生しやすい場所です。
特に、歩く、走る、飛ぶ、とまるなどの動きを繰り返し行う必要の生じるスポーツ全般において、アキレス腱 痛みは避けられないスポーツ障害といえます。

【アキレス腱 痛み伴う原因について】

アキレス腱 痛みを伴うのは、アキレス腱に強い負荷がかかることで、微細な損傷、断裂を引き起こし、炎症を起こすことが原因です。
アキレス腱炎や、アキレス腱周辺の炎症、、オーバーユースによる疲労の蓄積、等がアキレス腱 痛みを出現させます。

またアキレス腱 痛みにすばやく対処しなければ、捻挫や断裂などの重篤な損傷を招く危険性が高くなるので、少しでもアキレス腱 痛みを感じたら、早急に対処するようにしましょう。

【アキレス腱 痛みを伴う主なケガについて】

・内反捻挫

外くるぶしの周辺が腫れ、アキレス腱 痛みを感じます。
足首の捻挫のおよそ8割がこのタイプで、スポーツだけでなく、日常生活での発生率も高くなります。

原因は、急停止、急発進、キック、踏み込みなどの動作を行う場合に起こる足のひねりです。
外側にある靭帯に大きな負担をかけてしまい、靭帯が伸張し、傷つきます。

・外反捻挫

内くるぶしの周辺の腫れや、アキレス腱 痛みが特徴で、足首の捻挫の1割がこのタイプとなります。
内反捻挫とは逆で、足首を外側へひねりすぎることが原因で、内側の靭帯が伸張、損傷します。

内側の靭帯は、外側の靭帯よりも強度が高いため、通常の動きで捻挫になることはありません。
骨折、剥離等他のケガが引き金となります。

・アキレス腱断裂

アキレス腱断裂による外傷は、アキレス腱 痛みは捻挫と比較しても非常に強く、重症度が高くなります。
そのため、選手生命の危機に陥る可能性も高いため、早急な対処が必要です。

【アキレス腱 痛みの治療・対処法について】

整体や接骨院では、アキレス腱 痛みに対しさまざまな施術を実施します。
しかし、疲労の蓄積が原因の場合は、運動を休止することも早期改善には必要です。

その間、腫れや炎症に対するアイシングやマッサージ、鍼灸治療等を実施し、早期復帰を目指します。
特にアキレス腱 痛みには、その周辺の筋肉の緊張、コリ等が原因になることが多いため、腓腹筋やひらめ筋を中心としたマッサージを実施します。

その他にも、アキレス腱 痛みは、足関節の動きが悪い状態で発生するリスクが高いため、足関節の動きをスムーズにする施術を実施。
骨盤の矯正から体の歪みやズレの矯正、股関節、腰などの動きをスムーズにするための施術を行います。

場合によっては、疲労が蓄積し、血液の流れが阻害、筋肉の質、柔軟性の欠落が起こっている可能性があるため、鍼灸を取り入れた血行改善もおススメです。
スポーツ選手には、誰にでも起こる確率の高いアキレス腱 痛みから大きなケガや、選手生命の危険にさらされるような病気にならないためにも、予防や対処法等を知っておくといいでしょう。

仙台 アキレス腱 痛みなら、「マッスルケア仙台」にお任せください。




《 前 1  2  3  4 


お申込はこちら


WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約


電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PageTop

初めての方へ
WEB予約受付中

WEB予約

line予約
スポーツ障害 整体スクール
メニュー
会社概要

仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」


【住所】
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階


【電話番号】
022-794-8677


【営業時間】
10:00~22:00
(最終受付21:00)


【電話受付】
10:00~21:00


【定休日】
木曜日


【最寄駅】
地下鉄東西線
宮城野通り駅 徒歩1分

JR仙台駅東口 徒歩5分


【駐車場】
近隣コインパーキングをご利用ください


【出張施術】
トレーナー業務出張・各種派遣業務あり


【出張費】
出張費に関しては業務内容により異なるためご相談


カテゴリー
新着記事


仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」
  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677