lineでの問い合わせ

2か月間苦しんだシンスプリントの苦痛から脱出できた症例

2か月間苦しんだシンスプリントの苦痛から脱出できた症例

2018-04-16

シンスプリントと整形外科で診断され痛みが全く取れず
2ヵ月間苦しんだ脛(すね)の痛みが2週間で良くなった症例

仙台市在住 中学1年生 陸上部所属

【患者様の訴え】

中学の陸上部に所属してから
毎日ハードな練習に取り組み
練習を重ねるにつれ
脛の内側がジンジンする様な痛みが出てきました。

シンスプリント症状が出始めた初めは練習直後に
すねの痛みが出てきていたのですが
徐々にアップの段階など走っている最中にもすねの痛みが出始め
継続的にしっかりと練習を続けることが困難になりました。

この様な状態で練習に参加することが不可能になり
マッスルケア仙台に通院している知人に紹介して頂き通い始めました。

【問診時のシンスプリント症状】

・脛の内側がズキズキと痛む
・自転車に乗っても歩いても痛い・・
・アップを開始して5分で脛の内側に痛みが出始める
・朝歩き始めの段階で既に痛い・・・
・足首を動かすだけでシンスプリントの部位が痛い
・シンスプリントの場所は軽く触るだけで
・シンスプリントの部位の周辺は赤く腫れている感じがあり熱感がある。

【シンスプリント症状の原因】

脛の内側の痛みの原因は
骨膜に炎症が起きていました。
いわゆるシンスプリントの症状これを
(過労性骨膜炎)と言います。

すねの周りには様々な筋肉が付着しています。
この筋肉は脛に直接付いているのではなく骨を覆っている膜(骨膜)に付着しています。

この骨膜に炎症が起きている状態で
骨膜に付着している筋肉が
ジャンプなどの動作を繰り返し行う事によって
筋肉と骨膜が擦れて炎症を起こしていた為
ズキズキといった痛みが出ていました。

走る、ジャンプをするといった動作は筋肉が伸びたり縮んだりしますが
これらの運動動作を繰り返し行う事によって

筋肉に疲労が蓄積され
足の動きに関与する
脛の周りの筋肉を
ガチガチに硬くなっている状態でした。

シンスプリントの症状から脱出する為には
骨膜に付着している筋肉だけを緩めていても症状は良く治りません。

なぜ脛の周りの筋肉を硬くさせてしまったのか
根本的な原因から改善させる必要があります。

今回の症状で
来られた患者様の根本的な原因は
足首の柔軟性が欠けている事と
股関節周辺の筋肉の硬さに原因がありました。

その為、ふくらはぎの筋肉に
負担がかかりやすい状態になっていました。

私たちの足裏は
アーチ状の形を呈しており
足裏の土踏まずの筋肉が硬くなってしまうと
地面からの衝撃を吸収できず
ふくらはぎの筋肉を硬くさせ
シンスプリントになってしまう要因となります。

更には
股関節周辺の筋肉がガチガチに硬くなると
股関節を大きく前に振りだす可動域が狭くなり
骨盤も後傾した状態になり
太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉を硬くさせてしまいます。
結果、足を踏ん張った際も
股関節周辺の筋肉で踏ん張る事ができずふくらはぎの筋肉により負担がかかってしまうのです。

【マッスルケアでのシンスプリント専用施術】

先ずは直接的な原因となる
脛の周辺の筋肉を緩めていきました。

筋肉に対する温熱療法として効果の高い
高周波温熱機器を使用しながら
筋肉に対する細かな施術を行いながら
筋肉を弛緩させていきます。

骨膜に付着している硬くなった筋肉を緩める事によって
筋肉と骨膜が擦れて炎症が起きている部分への
負担を減らす事が出来ます。

次に
根本的な原因となる
足首の硬さを和らげる為に
土踏まずの筋肉を緩めていき
アーチを作る為に関節の位置も正しく整えました。

足を踏ん張りやすく
地面からの衝撃を和らげる事が
出来る様になりました。

股関節周りのガチガチに硬くなっている筋肉も
施術で筋肉の状態を柔らかい状態に和らげていきました。

施術によって
股関節の可動域が広がり、骨盤も正しい位置に正され膝
やふくらはぎの筋肉への負担を減らす事が可能になりました。

ぼんやりと脛に腫れがあったので
一週間運動を中止させ
週に2回の施術を行っていきました。

自宅では
ご自身でセルフケアを頑張ってもらいました。
そうする事により
次回の施術まで良い状態を
キープする事が出来
悪化を防ぐ事が出来ました。

一週間でシンスプリントの脛の腫れも徐々に無くなり
股関節周りから足首にかけての筋肉も
柔らかくなってきたので
一週間に一回の治療を入れていき
四回の施術で部活にも徐々に部分復帰する事が出来ました。

現在も継続的に再発を防ぐためのセルフケアを行い
3週間に一回のメンテナンス治療も取り入れ良い状態を
キープする事が出来ています。

【担当者のコメント】

今回の症状で来られた患者様は
普段の練習量に比例した
ご自身でのセルフケアが全く足りず
筋肉に疲労が蓄積されていました。

メンテナンス施術を受ける事もなく
セルフケアもほぼ行わなかったことが災いし

徐々に
筋肉がガチガチに硬くなって
骨膜と強く擦れ炎症を起こし
シンスプリント(過労性骨膜炎)になってしまいました。

名前の通り、過労性骨膜炎というので
過度な使い過ぎや
普段からのケアが足りず
筋疲労が起きている状態で
放置してしまうとなりやすい症例です。

根本的な原因となる
足首の柔軟性を高め
人の土台の中心となる

股関節周りの筋肉を和らげることによって
可動域が広くなり、
足を踏ん張った際も
股関節で踏ん張る事が出来る様になりふくらはぎの筋肉への負担も減り
早期に症状から脱出する事が出来ました。

マッスルケア仙台では、
根本的な要因となる箇所を的確に把握し
計画的な治療プランを立てて
施術を取り入れセルフケアを
毎日習慣化させ行う事により
怪我のリスクを減らす事が出来ます。

マッスル仙台治療院ではシンスプリントの痛み専門施術を行っています。

仙台市内外から
シンスプリントの痛みにお悩みの
患者さんが多く通う整体院が
仙台駅東口から徒歩7分の所にある
マッスルケア仙台治療院です。

他の病院や治療院で良くならないと
諦めかけているそこのあなたは
マッスルケア仙台で
シンスプリントの痛み専門施術を受けて下さい!

我々が提供するシンスプリントの痛み専門施術は、
これまで多くの患者さんを救ってきたので
きっとあなたのお役に立てると思います。

初めての来店時
どんなことをされるのか不安なのだが…
とお思いの方へ

初回限定割引をご用意しておりますのでぜひ一度お試しください。


人数に限りがありますので予約の際に
『初回割引希望!!』と必ずお伝えください。

予約の際にお伝え頂いた方限定サービスとなります。

初診の際は体の詳細情報を体組成計にて精密なデーターを取りますので
検査料金で別途540円を頂いております。

宮城県仙台市宮城野区榴岡4−5−5KTビル 3F
営業時間13時から21時(最終受付)
木曜定休
完全予約制
当日予約も可能な限り受け付けます!
☎022−794−8677

JR仙台駅から徒歩5分
ヨドバシカメラすぐ近く!

お店の詳細なアクセスはこちらです!
https://www.musclecaresendai.com/map/


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME