lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

ブログ記事一覧

全国にオンライン動作解析・トレーニング指導・怪我検診

2020-07-18 [記事URL]

マッスルケア では寮生活や遠方で通院が困難な方向けに

テレビ電話会議システムのzoomを使用し、動作解析やケガ検診・トレーニング指導を行っております。

慢性化する怪我の原因を調べ出し、フォーム修正や改善トレーニングメニューのご提案、頻発する怪我の対応策やセルフケアメニューを徹底指導させて頂きます。またさらなる技術アップを希望する各種競技の選手へのトレーニングメニュー作成や動作解析にも力を入れております。

こんな悩みはありませんか?

・怪我の頻度が多く日々苦しんでいる・・・
・ライバルに差をつける技術を身につけたい!
・今よりもっと速く走りたい!
・もっとストレートに磨きをかけたい!
・もっと遠くに打球を飛ばせるようになりたい!
・力強いボールを蹴る為の動きを知りたい!

 

部活に励む学生や本気でスポーツに取り組んでいる方にとってもっと上達したい!これは誰しもが持っている願望ですよね。マッスルケア仙台ではスポーツに取り組む皆様の願いを叶える為現状の体の動きの評価を動画からチエックし動作解析をもとに今の課題を調べ出し課題に対して改善する為のトレーニングやケア方法をオンラインからお伝えしております。

日々のスポーツに取り組まれている時の動画をスマホで撮影して頂きご提出頂きプロのスポーツトレーナーが動作を解析しアドバイスをさせて頂きます。

 

また、怪我に長期間苦しんでいるアスリートを救い出す怪我検診も行なっております。色々病院に行ったり治療も受けたけどなかなか良くならない、手術と言われたけど本当に手術が必要なのか?怪我の再発に苦しんでいるけど本当に今の治療方法で正しいのか?なんとか解決の糸口を探したいとお考えの方に対しオンラインでの検診とアドバイスを行なっております。長期間、腰痛やヘルニア野球肘やスポーツでの怪我にお困りの方はご相談ください。

参考にすべき!プロ選手達は理想的な動きをしている現実

プロ野球選手の多くの選手達は非常に理にかなった動きをしています。子供の頃から理にかなった動きを積み重ねる事で怪我のリスクを最小限に減らしながら一流選手へと成長を遂げることが出来た選手達がプロの世界の扉を叩いています。マッスルケア のオンライン指導ではプロ選手の動きを参考に小学生から野球に取り組む社会人の方までフォーム修正アドバイスと改善トレーニングを行います。

右腕の使い方が特徴的。肩関節前方へのストレスが多くかかる為専門的なケアやトレーニングが必要右腕の使い方を少し修正する事で怪我のリスクが減る可能性あり。

理想的体重移動で腕の使い方も非常に上手いお手本のようなフォーム

左足のインステップ・腕の軌道が遠回りし体の動きの再現性に乏しいフォーム 毎回投げるたびフォームが異なる為自分の体をコントロールできていない可能性あり。ストライクを取ることに困る可能性が高く、右肩前方へのストレスが非常に強いフォームで肩肘の故障のリスクは高い。

上半身のパワーと胸郭をうまく使い上半身を主体に投球するフォーム上半身の捻れの多さがやや気になるがこれ以上ねじれが強くなってくると上半身の力みや故障の原因になる為注意が必要。

治らない怪我。過ぎていく時間この怪我はどうすれば治るの??

スポーツでの怪我の場合、正確な診断を受けその後治療とトレーニング・リハビリで日常生活での制限や痛みがないレベルまでまず回復を目指します。その後はスポーツの現場で全力でプレーが出来る状態にまで状態を上げて行く事が求められます。しかし、初期段階での診断ミスや、見逃しリハビリやトレーニング強度やメニュー選択ミスなどがあった場合、怪我が完全に完治しないままプレーを再開、すぐにまた再発してしまう。そんなケースが子供達のスポーツの現場で多々見られます。

 

また病院でもう治っているのでスポーツをしてもいいですよと言われすぐに再発する。こんなケースも現実的に多いですね。怪我をした場合専門家にしっかりとアドバイスを貰い踏むべき手順をしっかりと踏み復帰して行く事が必要です。怪我が治らない。再発に苦しんでいる。手術と言われたけど本当に手術が必要なの?出来るだけ手術を回避したいけど方法はないのか?などなど怪我に関するお悩みはオンライン検診でご相談ください。

ご予約方法はこちら

オンライン指導・検診のご予約はこちらから御願い致します。店舗へのお電話やインターネット予約からのご予約はできませんのでご了承ください、


プロ野球選手への施術実績15年以上の野球での肩肘のケガ根本解決策

2019-12-27 [記事URL]

野球におけるスローイング動作の際に、肩・肘を痛めたスポーツ障害を総称して、それぞれ野球肩・野球肘と言います。

野球肩には滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、肩甲上神経麻痺による棘下筋萎縮、インピンジメント症候群、上腕骨骨端線障害など、野球肘には内側側副靭帯損傷、内側上顆剥離骨折、離断性骨軟骨炎、尺骨肘頭骨折などといった障害が含まれます。

一般的にはオーバーユース症候群とされ、使い過ぎ(=投げ過ぎ)が一番大きな原因と考えられています。

 

野球肩・野球肘がオーバーユース症候群なのであれば、ノースロー期間を設けて安静にして痛みが引くのを待ち、それから復帰後、球数制限を実施して投球数を管理すれば、野球肩・野球肘を解決する事はできるのか?

また痛みが出ている肩、肘だけを施術すればいいのか?

答えはNoです。

これだと、ほぼ100%再発すると言っても過言ではありません。

勿論投球数も、野球肩・野球肘発症の原因の一つではありますし、肩・肘は当然痛んでいるので施術も必要です。

しかし、それ以前の問題が、野球肩・野球肘発症の根本原因として存在しているのです。

野球肩・野球肘を根本解決する為には、その根本原因を解消する必要があります。

マッスルケア 仙台整体では野球肩・野球肘の方に対して、フォームと関節、筋肉の状態をまずチェックし、どこにどの様な問題が起きているかを分析します。

そしてほぼ100%の方が、筋肉や関節の問題によって、フォームに問題が起きています。

この問題が起きている箇所というのが、野球肩だから肩、野球肘だから肘という訳ではないのがポイントです。勿論結果的に肩、肘に問題は起きているのですが、根本原因はそこではないのです。

たとえば野球肘の原因とされる肘が下がるフォームであれば、問題があるのは肩関節・肩甲骨周囲の可動域、野球肩の原因とされる手投げの根本原因は、下半身の股関節の可動域といった様に、違う部位の関節に根本原因は存在するのです。

この根本原因である関節の可動域に問題があるという事は、正しいフォームが出来ない身体と言えます。この身体で、いくらフォームを修正しようとした所で無意味なのです。

マッスルケア仙台では、これらの問題が起きている関節を特定し、その周りの筋肉に対して筋肉専門整体施術や必要に応じて物理療法などを組み合わせて施術する事で、本来あるべき可動域に関節を戻していきます。

関節の可動域が正常になったら、それからフォーム指導を実施していきます。こうする事で、身体に負担が少なく、早期に正しいフォームを獲得する事が可能になります。

この段階まで来てから、練習でスローイングを再開していきます。そしてプロ野球の現場でも実施されている野球肩・野球肘復帰プログラムに沿って、復帰計画を立てていきます。

そして通常の練習、試合に復帰後も、筋肉に疲労を溜めない為のメンテナンス、日々のセルフケア方法指導、また必要に応じてトレーニングを指導していきます。

これらを総合的に実施する事で、高槻みなみ整骨院では野球肩・野球肘からの根本脱出を実現しています。

 

野球での肩肘の怪我の際の重要チエックポイント動画で解説!下の画像をクリック!で動画をチエック出来ます! 

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。
プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、高槻みなみ整骨院で至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科 医師 山田慎


プロアスリートも実践する筋トレマニュアル

2019-10-31 [記事URL]

プロアスリートも実践する

筋トレマニュアルは

こちらをクリックしてお受け取りいただけます!

↓こちらをクリック

ウエイトトレーニング編


プロ野球選手が実践する体幹トレーニングファイル

2019-10-12 [記事URL]

体幹トレーニング編

👆ファイルをダウンロードする場合は直接クリック!


スポーツ障害専門施術

2019-09-18 [記事URL]

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは、スポーツによって関節、靭帯、腱、骨などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害のことです。
スポーツ障害は、スポーツ選手にとって大きな悩みの種といえます。
主なスポーツ障害では、野球肩、野球肘、オスグット病、シンスプリント、疲労骨折、腰椎分離症、テニス肘、ヘルニアなどがあります。試合前なのに何とかしてほしい…できるだけ早く治したい……などお身体の状態を把握しながら、患者様のご要望に添えるよう完全カスタマイズされた専属トレーナーとして最短期間での問題解決を目指し施術していきます。
マッスルケア仙台ではプロ野球の現場やオリンピック代表選手をサポートするトレーナーも用いる手法であなたをスポーツ障害から救い出します。

マッスルケア仙台では、あらゆるスポーツでの怪我に対応いたします。
競技ごとに動きの分析も行いながらあなたの体の問題点を見つけ出し修正すべき問題点を全て修正し
今の痛みやお困りのお悩みの解決に向けあなたの専属トレーナーになりサポート致します。
野球、サッカー、バスケットボール、テニス、柔道、陸上、水泳、バドミントン、バレー、ゴルフなどなど、その他のスポーツでの怪我ににもご対応できます。

過去のアスリートサポート実績

野球

プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス 球団契約トレーナー 2005年から2012年

プロ野球選手自主トレサポート 2013年から2014年 楽天イーグルス 藤田選手・岡島選手・福山選手

プロ野球トレーナー契約
2016年から 楽天・横浜・日本ハム・ヤクルト・西武・阪神など
複数球団の選手10名以上のサポート

独立リーグ 武蔵ヒートベアーズチームトレーナーサポート

台湾チーム  所属日本人選手サポート

柔道   全日本柔道国際大会トレナー
陸上   東京農大陸上部 長距離チームサポート
サッカー JFL奈良クラブサポート
競輪   アテネオリンピック銀メダリスト 長塚智広選手サポート

あなたの抱える痛みには必ず原因があります。

スポーツによって症状や痛みの種類、引き起こされる部位はそれぞれ異なり
主な原因としては、疲労の蓄積・メンテナンス不足・悪いフォームの繰り返しによる金属疲労、筋肉の酷使、筋肉への大きな負担、長期の負担などが挙げられます。各スポーツ、お客様に適した施術メニューを提供いたします。

下記のような方は一度ご来院をお勧めいたします。
・練習や試合には参加出来るけど動き始めはいつも痛みがある。
・体が温まると痛くないけどいつも違和感が抜けず徐々に痛みが増えている。
・ごまかしながら練習や試合に参加するのも限界が近ずいている。
・全力でのプレーはできずセーブしながらしかスポーツが出来ない。
・試合まで時間がないけど今のままだと最大のパフォーマンスを発揮出来そうにない。
・体が硬くていつも疲れが全然抜けて行かない。
・以前怪我した場所がまた痛くなってきている。

 

 

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。

プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台治療院には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、マッスルケア仙台治療院にて至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科医師 山田慎


頭痛の正体と解決策

2019-09-17 [記事URL]

頭痛の原因を病院で特定されるケースは極めて稀と言えます。CTやMRIを取っても大きな異常はないと診断され痛み止めを処方され頭痛がひどい時は安静にして薬を飲み様子を見る。これがほとんどの場合医師から指示される治療法と言えます。

頭痛はしばらく頭痛薬を飲み続けるとどんどん今の薬は確実に効かなくなります。もっと強い薬をどんどん処方されるこんな経過になることが予測出来ます。
頭痛の原因がわからないと言われる方の大半の方は肩こりや腰痛を併発している。慢性化させている方が非常に多くおられます。あなたの頭痛の原因として頭痛が筋肉から発生している可能性がここで考えられます。肩こりや腰痛があって頭痛がある方は該当する可能性があります。

筋肉が原因で頭痛発生のメカニズム

緊張型頭痛は、首や肩の筋肉が緊張することで起きる頭痛です。検査をしても異常が出ない場合の多くがこの頭痛に該当します。
病院で検査を複数しても頭痛の原因が見つけられない時に消去法的に緊張性頭痛の可能性がありますね・・と医師から言われるケースも非常に多く緊張性頭痛の明確な診断基準がないのが現状と言えます。緊張性頭痛の方の頸部から肩周辺の筋肉は異常な緊張が出ているケースも多く、筋肉の緊張を取り除くことで頭痛の緩和や消失が期待出来ます。神経は筋肉の深部に存在し筋肉の緊張で神経が圧迫されると痛みを感じる様になります。病院では緊張性頭痛に対する治療方法は鎮痛剤の処方がされますがこれだけでの改善が非常に難しのが現実です。

頭痛の原因

・筋肉の疲労が原因で筋肉が硬くなると以下の状態が発生します。
以下の原因が発生すると頭痛が発生する条件が整ってきます。条件が整うと寝不足などが引き金となり頭痛が発生するといった経過を辿ります。
・姿勢が悪い
・長時間同じ姿勢で過ごしている
・血流が悪い
・肩・首が凝っている
・肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ(筋肉が緊張すると交感神経優位に)
・骨盤が歪んでいる
・上記症状がある方は一度早急にご来院ください。

頭痛の正体と解決策解説動画はこちら

施術動画はこちら

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。
プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、高槻みなみ整骨院で至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科 医師 山田慎


肩こりの正体と解決策

2019-09-16 [記事URL]

肩こりの多くの原因は、長期的な無理な姿勢や、デスクワークなどの座り仕事で同じ姿勢が続くことにより、首、肩、背中の筋肉が血行不良となり、コリや痛みになります。
コリや痛みの症状を放っておくと慢性化するなど、さらに症状が悪化していきます。
「肩が少し痛いだけだから」と軽く考えていますと、頭痛、首こりや手足の冷えなど日常生活にも支障が出てきてしまいます。
肩の痛みはそのままにしていてもよくなることはありません。
根本的な原因と症状を治療していくことで、それらの症状が改善していきます。
肩に違和感がある場合は無理せず早急に来院することをおススメ致します。
マッスルケア仙台では、プロ野球の現場で実践される専門な治療法で治療していき、再発防止の徹底指導なども行っております。

首から背中の上部、肩や上腕などの筋肉の鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感などをひとくくりにして肩こりといいます。
肉体的、精神的なストレス、自律神経の乱れなどによる肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が原因です。
日常生活から考えられる原因には下記のような原因が考えられます。

肩こりの原因はこれ!

筋肉の深部にあるコリ これがダントツ一番の原因
・首や背骨が歪んでいる
・骨盤が歪んでいる
・血流が悪い
・同じ姿勢でのデスクワーク
・肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ
・眼精疲労

 

 

マッスルケア仙台の肩こり専門施術はドクターからもプロのアスリートからも治療家の皆様からもご推薦頂いております。
もう肩こりは良くならないと諦めてしまうのなら一度くらい試してもらう価値があると私たちは考えています。
どうせ良くならないだろ・・・・
そう思われている方の為に 一度まずお試しをしてもらうため初回限定割引もご用意しております。
ぜひ一度 あなたの腰痛が解決する現実を知ってほしと思います。

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。

プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台治療院には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、マッスルケア仙台治療院にて至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科医師 山田慎



脊柱管狭窄症の正体と解決策

2019-09-15 [記事URL]

様々な病院、整骨院、整体でも変化なし…脊柱管狭窄症の手術を受けても変化なし…10年以上坐骨神経痛に悩み続けた70代男性が2か月で坐骨神経痛から脱出した症例」などなど、当院では手術しても治らなかった方が改善したように多くの症例があります。腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方は、一度当院までご来院ください。原因と解決方法をご案内させていただきます。
マッスルケア仙台腰痛治療院では、プロ野球の現場で実践される専門な治療法で治療していき、再発防止の徹底指導なども行っております。

脊柱管狭窄症の症状と原因手術は必要か?

背骨の中で腰の部分、腰椎においてその中を通る神経が入っている管(脊柱管)が部分的に狭くなり、神経が圧迫されてしまいます。
下肢のしびれ、疼痛、歩行障害などをきたすようになった状態を腰部脊柱管狭窄症といいます。症状は腰痛、歩行障害、足のしびれ、筋力低下、排尿・排便障害などです。背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

脊柱管狭窄症の原因
腰部脊柱管狭窄症になる原因はいくつかありますが、加齢によるの腰椎疾患の合併によって起こることが多いとされています。
例えば、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、変性脊椎すべり症などがあります。
・立位や歩行により坐骨神経痛やしびれが増強
・辛い痛みで動くことが辛い方
・立ち上がれない、椅子に座れない、寝返りをうてない方
・ぎっくり腰を経験したことがある方

病院で手術をしましょう。と宣告されるケースもある脊柱管狭窄症ですが、手術の適応になるほどの症状は、立ち上がれない、ほとんど歩く事が出来ない、しびれが強く足に感覚がない。など余程強い症状の脊柱管狭窄症であれば手術を行うケースもありますが割合としては極めて稀です。まずは保存療法で手術以外の方法を試す事が先決です。マッスルケア仙台では脊柱管狭窄症にお悩みの方に対し以下の動画にまとめてある理論と施術方法で脊柱管狭窄症の解決を実現致します。

脊柱管狭窄症解決策はこちらの動画からチエック!

 

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。

プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台治療院には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、マッスルケア仙台治療院にて至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科医師 山田慎


坐骨神経痛の正体と解決策

2019-09-15 [記事URL]

腰や足のシビレに悩まされていませんか?坐骨神経痛による痛みやシビレの辛さは、経験した人でないとわからないと言われます。
マッスルケアに腰痛で来られる方の中には、坐骨神経痛の痛み、「お尻から下肢にかけてのシビレで」悩んでいる方もいらっしゃるくらい腰が悪いと、シビレが出てくる場合が多いです。腰に違和感がある場合、様子を見ても取れないしびれ、椎間板ヘルニアの方、お尻から下肢が痺れる方はできる限り早急に来院することをおススメ致します。様子を見ていると悪化のリスクが上昇します。
マッスルケア仙台腰痛治療院では、プロ野球の現場で実践される専門技術を用い再発防止の徹底指導なども行っております。

坐骨神経痛の症状と原因

「坐骨神経痛」とは、お尻から足の後ろ側にかけての痛みやシビレなどの症状を「坐骨神経痛」と呼びます。坐骨神経が圧迫されたり、強い刺激を受けることで痛みやシビレが起こります。主に腰痛がある方が多く発生する症状です。稀ですが腰の痛みはなく足にのみ痺れが出る場合もあります。

坐骨神経痛の多くの原因は腰周囲・股関節・お尻周辺に起こる筋肉異常が一番の原因と考えられます。筋肉が硬くなり奥深くにある神経を圧迫し、坐骨神経が圧迫され、お尻から足に痛みやシビレを引き起こします。椎間板ヘルニアや分離症などの可能性はゼロではありませんが、坐骨神経痛の90%程度は筋肉から坐骨神経痛が発生していると考えています。

あなたを苦しめる坐骨神経痛の原因はこれ!

・腰からお尻の深部の筋肉の硬さ→一番多い原因はこれ
・ハムストリングス(太ももの裏側)の筋肉の硬さ
・椎間板ヘルニア
・腰椎分離症など

坐骨神経痛に関する解説動画と解決するための施術動画を是非一度ご覧ください。

 

私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。

プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台治療院には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、マッスルケア仙台治療院にて至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科医師 山田慎


ぎっくり腰の正体と解決策

2019-09-14 [記事URL]


朝起きたらぎっくり腰になってしまった、突然の腰の激痛に驚いた…など、「ぎっくり腰」は急に激痛がやってきて、ひどい場合は立っていられないくらい、寝返りすらできないくらい、辛い腰痛なのです。ぎっくり腰になってお困りの方は、早急に来院することをおススメ致します。
マッスルケア仙台腰痛治療院ではプロ野球の現場で実践される専門な治療法で治療していき、再発防止の徹底指導なども行っております。

 

ぎっくり腰ってどんな症状なの?

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」と言います。その名の通り、いきなり腰が痛くなる症状で、腰回りの筋肉、筋膜、靭帯、椎間板から骨や関節などに炎症を起こしています。基本的には安静にしていれば、症状は落ち着きますが、適切な対処をしないと慢性腰痛、椎間板ヘルニアになることもあるので注意が必要です。ぎっくり腰に2回以上なっっている・慢性的な腰痛がある方は骨盤の歪みが非常に強くいつぎっくり腰になっても不思議ではない方が多くおられますので早めの対処が必要です。

 

このような方は今すぐご連絡ください!

・ぎっくり腰になったばかりの方
・慢性の腰痛を抱えいつぎっくり腰になるか不安を抱えている方
・そろそろぎっくり腰になりそうだとぎっくり腰になる前兆を感じている方
・ぎっくり腰から数日経過したが辛い痛みで動くことが辛い方
・朝起きた時いつも腰が痛い方
・朝起きた時しばらく座っていた時動き出しが怖い、動作がゆっくりしかできない方
・慢性腰痛を抱え年に2回以上ぎっくり腰になった経験がある方
・コルセットを頻繁に使用している方(筋肉がどんどん弱く硬くなり危険)
・骨盤の歪みを指摘された事がある方(筋肉が硬くなると骨盤に歪みが出ます)
・骨盤の歪みの自覚症状がある方

腰が痛いから湿布やコルセットで痛みをしのいでいる方は、大変危険です。コルセットは長期間使用することで腰から股関節の筋肉の状態を著しく悪化させる可能性があります。また可動域が制限された状態での日常生活は筋力の低下と筋肉が硬くなることを促進させてしまう為、腰痛の症状の悪化につながる可能性があります。骨盤の歪みを調整し、筋肉に柔軟性を取り戻し腰痛をマッスルケア仙台にて根本改善することをお勧めいたします。

マッスルケア仙台腰痛治療院では小学生の腰痛からトップアスリートの腰痛やぎっくり腰まで、また、慢性的に腰痛に苦しみ20年以上も腰痛から逃れられず絶望している慢性腰痛の方まで腰痛にお困りのあなたを助け出す手段をご用意しております。マッスルケア仙台治療院のぎっくり腰や慢性腰痛施術は整形外科ドクターからもプロのアスリートからも治療家の皆様からもご推薦頂いております。もうこのぎっくり腰や腰痛が良くならないと諦めてしまうのなら一度くらい試してもらう価値があると私たちは考えています。どうせ良くならないのでは?そう思われている方の為に

一度まずお試しをしてもらうため初回限定割引もご用意しております。
ぜひ一度 あなたのヘルニアが解決する現実を知って頂きたいと考えております。


私と水戸部先生とは、楽天イーグルスのトレーナー時代の2009年、私がチームの春季キャンプに帯同させて頂いてから、お付き合いさせて頂いております。
水戸部先生は、楽天イーグルス所属時代、選手たちからの信頼も厚く、選手の立場に立って治療を行う姿は、私も日常診療の参考にさせて頂いています。
また、治療院を開院した現在でも、その姿勢は変わらず、常に患者様の立場に立った治療を心がけており、地域のスポーツ少年から年配の方々まで幅広い年齢層の支持を得られています。

プロ野球球団に所属していた頃に培われた経験と技術。 相手の目線で立てられていく治療プラン。
マッスルケア仙台治療院には、人を癒す要素が全て揃っています。是非一度、マッスルケア仙台治療院にて至高の施術を受けて下さい。
あなたのお力になってくれることでしょう。

整形外科医師 山田慎


 

お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME