lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

太もも前面打撲チャーリーホースは後遺症に要注意!正しく対処する方法はこれ!

太もも前面打撲チャーリーホースは後遺症に要注意!正しく対処する方法はこれ!

2014-11-02

大腿部(太もも)前面打撲 

チャーリーホースとは?

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

チャーリーホース

チャーリー・ホースと言う言葉をご存知でしょうか。チャーリー・ホースとは、サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツで受傷することが多く大腿部(太もも)前面を強打し、大腿四頭筋が硬くなったり痛みが出現することの俗称として、チャーリー・ホースと言います。スポーツの現場では良く発生するけがともいえるチャーリーホースですが適切に対処をしないと後々後遺症に悩まされることになりかねない厄介な怪我とも言えます。後遺症としては打撲部分の筋肉が怪我をする前より硬くなり柔軟性が低下し疲労が蓄積しやすいことや少し走るとおもだるい痛みが出る力を入れて走ると肉離れを起こしそうで怖い・・などなどこの様な後遺症が発生する可能性があります。

 

チャーリーホースに対する施術処置

まず患部の腫れと程度を確認し炎症所見があればアイシングを行います。チャーリー・ホースを受傷後ただ患部をアイシングをするだけではなく安静・冷却・圧迫・挙上と言われるRICE処置を行います。

この場合、膝を90度以上にして曲げた状態でアイシングを行います受傷後、早期に適正な処置(上記のアイシング方法)を行わないと骨化性筋炎を発症する可能性があります。患部の内出血がひどくなり筋肉内に血腫が形成されます。

 

その血腫や瘢痕組織に石灰化が起きて筋肉内に骨が形成されてしまうケースがあります。これが骨化性筋炎と呼ばれている状態です。骨化性筋炎を発症してしまうと、膝が曲げれなくなったり、歩行困難・激痛になることがあります。これは本当に厄介な後遺症となりスポーツへの復帰に相当な悪影響があります。そのようにならないためにも早急な処置が必要です。

 

マッスルケアでは、初期の施術としてアイシングの処置を行い専用の医療器高周波ラジオステイムを使用し、患部の内出血の抑制を目標に施術を行います。その後、症状が緩和されていけば、マッサージやストレッチにより関節可動域の改善を行っていきます。大腿部前面を打撲後に膝が曲がらなくなったり強い痛みが出現した場合はチャーリー・ホースの可能性があります。怪我をした時からできるだけ早い段階での施術が非常に重要となりますので、ご不明点などありましたらお電話にてご相談ください。


 

お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME