lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

半月板損傷の解決策

半月板損傷の解決策

2015-09-19

半月は、膝関節の大腿骨と頸骨の間にある軟骨の板で、内側と外側にそれぞれ存在しています。
骨と骨の摩擦や衝撃を吸収するクッションとしての役割と、骨にかかる揺れや不安定を安定化する役割を担っています。
半月を損傷すると、衝撃や摩擦がダイレクトに骨や筋肉、その周辺の組織に加わり、大きなダメージを与えます。
それを半月版損傷といいますが、症状が悪化すると、膝に水がたまったり、膝が動かない、歩行困難などの状態になります。

 

【半月板損傷について】
半月板損傷は、スポーツ障害の一つで、膝に大きな負担をかけることで半月板を損傷します。
特に、内側にある半月板の損傷が多く、外側の半月板の損傷は、先天性の事が多いのが特徴的です。
好発種目としては、バスケットやバレーボール、体操にサッカー、テニスやスキー、野球などのスポーツで発生頻度が高くなります。

症状としては、
・膝が何かに引っかかったような違和感を感じる
・膝に力が入らない
・ロッキング状態となり膝の屈伸行動ができない
・関節の腫れ、血腫によって、患部が膨らんでいる
などが見られます。
それ以外にも、太ももにある大腿四頭筋の筋力の低下や萎縮といった症状も見られます。

 

【半月板損傷の原因について】
ほとんどの場合、運動時に発生します。
例えば、サッカーでよく見られるインサイドキックなど、不安定な姿勢から膝を曲げてしまう動作で発生頻度が高くなります。
激しい運動による膝への負担が直接的な原因ですが、オーバーユース、運動前後のケアの不十分、疲労の蓄積が根本的な原因です。

 

その他にも、筋肉の柔軟性の欠如、加齢による運動機能の低下、姿勢の悪さや骨の劣化等も半月板損傷の発症リスクが高くなるでしょう。

 

【必ず手術が必要?】
半月板損傷には、必ずしも手術が必要だと考える方も少なくありません。
しかし、体の細かい動きをサポートする部分であるがゆえに、選手生命の危機に陥る可能性も否定できません。
できれば、リスクが少ない手術無しの方向で回復を望むのがベストだと思われます。
整体や接骨などスポーツ障害を専門としている機関では、手術以外の方法で改善策を提案しています。
これまで数多くの実績をあげていますので、手術なしで改善を目指している場合は、一度相談してみるといいでしょう。

 

【半月板損傷の予防法について】
半月板損傷の根本的な原因となるのが、ウォーミングアップ不足、疲労の蓄積、ケア不足です。
運動前後のウォーミングアップ、ストレッチが不十分だと体を支えるために必要な抗重力筋や足首周辺の組織が硬く、十分な動きに対応できません。

 

特に足首から膝にかけての筋肉の柔軟性が高いと、半月板損傷のリスクを低く出来ますので、十分なウォーミングアップ、ストレッチを行いましょう。
さらに、オーバーユースを感じたら、即座に運動の軽減、休止をし、疲労を回復できるよう調整することも必要です。
疲れが酷いと感じている場合は、入浴、足湯、最低週に1回程度の整体、接骨院でのメンテナンス、食生活の見直しを実施しましょう。

 

以上のことに気をつけるだけで、半月板損傷のリスクを回避できると思われます。
仙台で半月板損傷なら、「マッスルケア仙台」にお任せください。


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME