lineでの問い合わせ

子供の膝痛

子供の膝痛

2014-11-15

オスグット・シュラッター病・子供さんの膝の痛み

 宮城県・仙台市・仙台駅東口元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

オスグット・シュラッター病とは、膝蓋骨下部付近の疼痛を訴える傷害で、主に小・中学生でスポーツをする男子に多く発生します。
一般的に成長障害と言われ、成長期には骨が長軸方向に伸びるのに対し、疲労などで筋肉の柔軟性が欠けると、骨と筋肉の付着部である脛骨の脛骨粗面に牽引力が加わり痛みが出現します。14~15歳になって骨端軟骨版が閉鎖するまでは脛骨近位端の骨端軟骨板が脛骨前面の膝蓋腱の付着部である脛骨結節の下部に潜り込んでいます。骨端軟骨は力学的に弱いため、膝をよく使うスポーツ(バスケットやバレーボールなど)では、大腿前面にある大腿四頭筋に荷重や負荷がかかります。

大腿四頭筋は、骨盤の下前腸骨棘や大腿骨から始まり、膝蓋骨を介して脛骨粗面へ付着しており、膝関節の伸展に関与します。膝関節伸展は、大腿四頭筋から膝蓋骨、膝蓋靭帯・膝蓋腱、脛骨粗面へと連続していきます。これらの部分に牽引力がかかり最終的に大腿四頭筋付着部の脛骨粗面に痛みや炎症症状が出現します。適正な施術を行えば脛骨粗面は17歳~18歳で自然癒合しますが、施術を行わないと痛みが長期化します。遅れて整形外科を受診してレントゲンを撮ると、骨片が分離していることもあり、その場合自然治癒が見込めなくて手術を行う可能性もあります。これは、大腿四頭筋の柔軟性の低下が大きな原因で、さらに周囲の組織も施術していかないと根本的な改善とは言えません。大腿四頭筋の柔軟性が欠ける要因として、股関節の可動域低下が影響します。股関節が正常に動かせないと、膝関節と足関節の負担が大きくなり荷重がかかり痛みが出現しやすくなります。

マッスルケア仙台治療院では、このような原因となる場所を探しだし、柔軟性の低下は筋肉の硬さ(トリガーポイント)と考えほぐしていきます。筋肉をほぐす専用の高周波温熱医療器(ラジオスティム)を使用し、柔軟性の改善をはかり大腿四頭筋の負担を軽減していきます。オスグット・シュラッター病でお困りの方は一度仙台駅東口にあるマッスルケア仙台治療院へご相談ください。患者様に沿った最善の施術プランを提供します。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で子供の膝痛・子供の成長痛・オスグッド・オスグッドシュラッター氏病・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME