lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

腱鞘炎の症例

腱鞘炎の症例

2014-10-26

狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)について

宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーの整体院 マッスルケア仙台

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)

狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)とは、母指を取り巻く筋肉のオーバーユースで、筋肉の腱や、その腱を包む腱鞘に炎症が起こることを言います。手をよく使う職業・指先で細かい作業が多い・女性・スポーツ選手・更年期といった方に多く発症します。

痛みは母指側の手関節付近に発症し、狭窄性腱鞘炎といった言葉通り、腱を束ねている腱鞘といった部位や健そのものが摩擦により炎症することにより腱鞘が肥厚し、狭窄(狭く)し痛みが出現します。さらに筋肉にも影響が出ると、血行不良を生じさせます。狭窄性腱鞘炎を簡単に自分で確認することができます。フィンケルシュタインテストとアイヒホッフテストというものがあります。フィンケルシュタインテストとは手指を進展させ、母指を小指側へ牽引すると、陽性の場合痛みが誘発されるテスト法があります。アイヒホッフテストとは、母指を他の四指で握り、尺屈すると、陽性の場合は痛みが誘発するテストがあります。

マッスルケア仙台では、原因となる母指を動かす筋肉に対して施術を加え状態の改善を目指します。マッスルケアの専用の医療器のRADIOステイムを用いて、深部組織を加温し血行を改善し深層の筋肉まで栄養を送るように施術します。

症状が出始めの頃は炎症症状を除去するためにアイシング指導や使い過ぎの防止のためにバンテージに固定を行います。症状が治ればストレッチの方法も指導させていただきます。狭窄性腱鞘炎は日常生活でも起こりやすいため日常生活の動作改善も必要となりますが、動作指導もさせていただきます。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で手首の痛み・腱鞘炎・手首の腫れ・スポーツ障害・スポーツ外傷・筋肉の痛み・関節の痛み・病院で改善しない痛みでお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME