lineでの問い合わせ

後十字靭帯損傷なら

後十字靭帯損傷なら

2014-12-25

プロ野球現場で実践されている後十字靭帯損傷後のケア・治療について

IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

後十字靭帯とは、大腿骨内側から脛骨後方に付いている靭帯で、膝関節の伸展・屈曲回旋の動きを制限し、膝関節の後方移動を制御している靭帯です。そのため後十字靭帯を損傷すると、膝がグラグラして膝が不安定になるだけでなく、立位時や階段昇降時での膝痛の原因になります。野球選手などではスライでイングの際膝を強打し発生する事も見られる疾患とされています。

しかし、前十字靭帯と比較して力学的な強度があるため、発生頻度は多くはありません。後十字靭帯損傷の発生原因としては、スポーツ中に他の選手との接触やラグビーのタックルを受けたときのように脛骨が過度に内旋強制された時や、日常的に転倒して膝前面から地面を強打した際などに発生します。スポーツなどの運動時以外でも発生頻度が高いことは、後十字靭帯損傷時の特徴でもあります。治療は、主に保存療法を選択することがほとんどになります。

後十字靭帯損傷は、前十字靭帯損傷と異なり、半月板や内側側副靭帯などとの同時損傷することも多くなく、損傷していても気づかない場合もあり、前述のように膝を強打した場合などでは、単なる打撲と判断せず、医療機関での受診も考える必要性があります。

マッスルケア仙台では、後十字靭帯損傷の痛みに対して高周波温熱機器のラジオステイム、各種テーピングなどの固定や手技療法などを実施します。さらにリハビリテーション・セルフケアの指導なども行い、後十字靭帯損傷の痛みの解消・予防を実現させます。

また現在、後十字靭帯損傷後の痛みや膝の動きの不安定性に悩まされているがなかなか痛みが取れない・改善しない方や我慢して無理に運動や仕事をしている方も一度、マッスルケア仙台までご相談ください。早期回復・早期復帰・再発予防を実現させます。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で膝の痛み・後十字靭帯損傷・体の痛み不調でお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677

 


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」
  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME