lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

シンディング・ラルセン・ヨハンソン病なら

シンディング・ラルセン・ヨハンソン病なら

2014-12-25

シンディング・ラルセン・ヨハンソン病の経過管理について

宮城県・仙台市・仙台駅東口・元楽天イーグルストレーナーのマッスルケア仙台治療院
IMG_2604.PNGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

シンディング・ラルセン・ヨハンソン病とは、いわゆる”皿”と呼ばれる膝蓋骨の下端部が炎症や石灰化し、部分的に骨が剥離骨折などを生じる障害です。発育が盛んな子供、特に11歳前後の成長期の男子に発生することが多いようです。

足を頻繁に使うスポーツで症状が誘発されることもあるため、スポーツ障害の一つとしても考えられています。また成長期の子供の軟骨に障害が起きて痛みが出現する骨端症の一つとしても挙げられます。成長期の子供では、膝蓋骨の骨成長が成長過程にあり、

膝蓋靭帯よりも膝蓋骨の強度が弱いために、走る、ジャンプする、ボールを蹴る、しゃがむなどの繰り返し動作で、骨形成に必要な骨端軟骨という軟骨組織が上下に引っ張られて、炎症や石灰化、部分的な剥離骨折などを生じます。

シンディング・ラルセン・ヨハンソン病を生じると、膝蓋骨の下端の圧痛、腫脹、運動時痛、階段を上り下りする時の痛み、膝をついて体重をかける時の痛みなどを覚えます。成長とともに治る場合も多いのですが、症状によっては

スポーツ活動を中断して回復を待ったほうがよいこともあります。痛みを抱えながらスポーツ活動レベルを下げずに行っていると症状が悪化してしまい、骨端軟骨が部分的な剥離骨折を起こす場合もあります。さらにその後の膝蓋骨の成長に異常を来す場合があります。

マッスルケア仙台治療院による施術では、走ったり、ジャンプできないなどの強い痛みがあったりする場合や、安静にしていても痛い場合は、スポーツ活動を一時中断して、安静にします。テーピングを施したり、高周波温熱機器(ラジオスティム)やストレッチなどを行ったりして痛みを和らげます。

スポーツ活動の継続を強く希望する場合は、テーピングなどの補強で可能な場合もありますが、運動終了後のアイシングや固定などのケアも合わせて行うことが必要です。予後は良好で、成長とともに体が完成し、膝蓋骨の形成が完成されれば再発も起こりません。

早期にスポーツ復帰ができるプランを提案させていただきますので、膝の痛みでお困りの方は一度マッスルケア仙台治療院へご相談ください。

宮城県・仙台市・宮城野区・青葉区・太白区・泉区・若林区・名取市・仙台駅で子供の膝の痛み・膝痛・体の痛み不調でお困りの方は元楽天イーグルストレーナーの整体・整骨院・治療院のマッスルケア仙台までご相談ください。

022−794−8677

 


お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME