lineでのお問い合わせ
メール・WEBでのお問い合わせ

野球肘・離断性骨軟骨炎の正体と解決策

野球肘・離断性骨軟骨炎の正体と解決策

2014-12-02

肘の離断性骨軟骨炎(OCD)・肘の痛みの正体と解決策

 

肘の離断性骨軟骨炎(OCD)について

野球選手の肘の痛みの一つに離断性骨軟骨炎(OCD:osteochondritis)という疾患があります。野球肘の一つで、肘の外側部に痛みが出現し外側にある上腕骨の遠位端部や橈骨頭にある軟骨とその深部にある骨に起こる障害です。肘の可動域の制限が主な症状ですが、痛みを伴わないこともあります。10代の前半での発生頻度が高くなっています。これは、10代前半の骨はまだ骨端部の軟骨が完全に骨化しておらず、関節の激しい動きに対し骨端軟骨は柔らかく、炎症など損傷がしやすい部位となっているからです。高校生以上では骨端部の骨化が進み骨端線も閉鎖していくため、たとえ同じような外力を受けても炎症だけでなく骨折をするケースがあります。

原因は、投球動作のフォーム不良によることがほとんどです。リリース時に肘の内側が投球側に向くと重心移動で身体は加速しているため肩関節は過外旋状態となり、肘の外側には橈骨と上腕骨の腕頭関節で圧迫力が生まれます。このような投球フォームで投げ続けると炎症が進み最悪の場合、壊死をすることがあり、最悪の場合手術適応になるケースもあります。

 

離断性骨軟骨炎の分類として、軽度のものから透亮期・分離期・遊離期と分けられ、それぞれで投球復帰時期が異なります。遊離期となると、ほとんどが手術となり、膝の軟骨から移植する(モザイクプラスティー)といった術式を取ります。遊離期まで進行すると投球復帰まで半年から10か月はかかると言われ、ほぼ1年間野球を満足にできないことになります。少年野球から高校野球の段階では発生する原因をしっかりと追求し投球制限やフォーム修正指導など指導する側の知識や技術なども問われることになります。

 

マッスルケア仙台ではプロ野球チームで行う野球選手の肘の怪我からの復帰プログラムと専門のケア・トレーニング指導を行い野球での肘の怪我からの早期復帰を実現いたします。

 

痛みや違和感があるけどこのまま練習や試合に参加してもいいの?

キャッチボールをしていけば温まって痛みがなくなるから問題ないの?

試合には投げられるけど翌日肘が曲がらない伸びないを繰り返しているけど大丈夫なの?

などなど野球に関する怪我やトレーニング・フォーム修正などの疑問や問題を抱えている方はマッスルケア仙台まで一度ご相談ください。

 


 

お申込はこちら

WEB予約によるお申込みはこちら

WEB予約

LINE予約によるお申込みはこちら

line予約

電話・メールでのお問合せはこちら

【お客様へのお願い】

「マッスルケア仙台」は少ないスタッフで施術を行っております。
このため当日キャンセルはキャンセル料として施術代金の1回分を頂きます。
また当日キャンセルの多い方やご予約時間に遅れることが多い場合ご予約をお断りさせて頂きます。また、予約時間に遅れた場合の施術時間は短縮となりますのでご了承ください。

施術を受ける際、トレーニングを行う際はジャージや短パンなど素材が柔らかく動きやすい服装をご持参ください。

電話: 022-794-8677
メールでのお問合せ

「マッスルケア仙台」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
 【電話番号】 022-794-8677
 【営業時間】 10:00~22:00 (最終受付21:00)
 【受付時間】 10:00~21:00
 【定休日】 木曜日
 【最寄駅】 地下鉄東西線 宮城野通り駅から徒歩1分
JR仙台駅東口から徒歩5分
 【駐車場】 近隣コインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



仙台駅東口 整体
「マッスルケア仙台」

  • 住所:〒983-0852
    宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5-5 KTビル3階
  • 電話:022-794-8677



MENU

MAIL

TEL
HOME